児童書のおすすめ本60選

ネットの自分を殺せるか?

アイキャッチ未登録画像

世の中で自身のSNSアカウント全てを消すことが出来る人は何人くらいいるだろう?

TwitterやLINE、Facebook、Instagram…あと忘れていけないのがGmailに代表されるGoogleアカウント。GoogleアカウントはYouTubeに紐付けされているから基本的に同じだ。Facebookとメッセンジャー、Instagramも基本的にFacebook傘下の同じ会社。

これらのSNSアカウントが無くなってしまうと世の中から自分がいなくなったような気になるのではないか、と以前わたしは感じたことがあった。無料で便利だからとGmailを使い始めて(自分のデータをGoogleに提供し始めて)10年近く経つ。FacebookとInstagramは使ってみたが、すぐに辞めた。LINEは使っていない。Twitterアカウントは、このブログを投稿したときに自動的につぶやくようにしてあったり、自宅の気温が30度を越えるとラズベリーパイが、Twitterアカウントでつぶやくのに使っている。基本的には自身でつぶやいたりはしない。Twitterのタイムラインを見ていると、気分が悪くなるのはわたしだけだろうか?

突然、GoogleやLINEが本日から有料にします!と宣言したら多くの人は素直にお金をだすのではないかと思う。あるいは仕事にならないから、と言ってしぶしぶお金を出すかもしれない。そういえば昔、ばあちゃんが「タダほど高いものはない」と言っていた。

一民間企業が手掛けているサービス(という名の個人データ無料収集装置の為にこれまでどれだけの時間を費やしたり、情報を提供したのだろうかと今のわたしは途方に暮れている最中だ。
願わくば、Googleアカウントを未練なく消すだけの勇気は持ち合わせていたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA