デロンギオイルヒーターのタイマー修理方法

DSC08561

わが家のデロンギオイルヒーターは、2002年に購入したもの(型番:H290912TEC)で、写真のような24時間オンオフタイマーがついている型だ。

購入して5年後くらいにタイマー部分が故障したときはは、4000円くらいでメーカー修理できたのだが、先日家電量販店に持っていったらメーカーでも修理不可能と言われてしまった。じゃあ同じような製品を購入しようかと考えたのだが、2018年現在、デロンギ社からこのアナログチックな24時間オンオフタイマー式は消滅してしまっていた。

この24時間式タイマーは15分刻みになっているツメを押し込むことでスイッチが入る仕組みだ。
一度セットしてしまえば一冬(というか一生)そのままの設定で使えるためすごく便利だ。アナログ式は、デジタル式と違って全体(一日のどの時間帯でオンオフするか)が見えるという部分がいい。

以下の記事は、デロンギヒーターのタイマー部分がうまく動作しなくなってしまった人を対象に書いた。
修理というほどではないが、この24時間式タイマー製品を長く使いたい人は見てください。
結論から言うとメーカー修理に出すほどでもなく、家電量販店はおろか個人で十分対処できます。


まずは、わが家のデロンギヒーターです。
下に写っている工具は今回使ったプラスドライバー(大き目のやつ)マイクロドライバー(マイナスタイプ)です。
DSC08560

キャスターのネジをまずは外します。
わが家のネジは手で外せるタイプでした。(ネジのタイプは写真以外もあると思います)
DSC08559

キャスターを外した状態。(シンプルな作りです)
DSC08558

タイマーを覆っている外枠は、上部の大きなネジを外すと取り出すことが出来ます。
プラスドライバーの出番です。
DSC08557

けっこうなゴミがついていました。
DSC08552

この際だから掃除しておきます。
DSC08553

タイマー部分を外すには、金属プレートの2つのネジを外します。
DSC08556

クリーム色のプラスチックのツメがタイマーの両側を押さえています。
DSC08554

片方ずつ手でゆっくりと外側に引っ張って外します。
DSC08555

タイマーを外した状態です。
DSC08550

グレーの樹脂製の部分がスイッチとなっていました。
奥に押し込むとスイッチが入ります。タイマーがオンになっている場合このグレーの部分が押し込まれる仕組みなのですが、長年使うとすり減ってしまうようです。小さなマイナスドライバー用のネジ穴が見えます。
DSC08549

この小さなマイナスネジをこんな感じのマイクロドライバー(マイナス)で回してみます。
DSC08566

わが家のデロンギヒーターの場合、2,3回まわしただけでスイッチが入るようになりました。
もしこのネジを回してもスイッチが入らない場合は、グレーの樹脂部品に細工するしかなさそうです。
わが家はとりあえすこれであと何年かは大丈夫そうです。
昔のアナログ製品は、個人でも修理出来るのが良いところですよね。

ちなみに温度調整用の数字部分がありますよね。こんなやつ。
DSC08565

これをまわしていくと...こうなります。
DSC08564

そして最後にこうなります。
DSC08563

この最後の●記号なんですが、オフになるようです。知ってました?!
すいません。わたしは16年も使ってきて今回初めて気づきました。(タイマーの確認をしている最中に気づきました)
色々とやってみるものですね。

ところで今回感じた事ですが、ドライバー2本あれば直せるようなことを「不可能です」というメーカーや家電量販店は、製品を長く大事に使ってくれる人に対して冷たいのだと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク