児童書のおすすめ本60選

ダンゴムシも大きくすれば王蟲 (おーむ)になる

ダンゴムシも大きくすれば王蟲 (おーむ)になる

宮崎駿の映画『ナウシカ』には、巨大な王蟲 (おーむ)と呼ばれる生物が登場する。わたしは初めて王蟲を見た時、ダンゴムシも巨大化すれば神々しくなるなあ、と思ってしまった。

ダンゴムシも大きくすれば王蟲になるように、身の回りの動植物や昆虫など、ちょっと大きさを変えるだけで異世界へと誘ってくれる気がする。

我が家は田舎なので家の中にカエルやらゲジゲジやらムカデらがどこからともなく入ってくる。(1度だけヘビがお勝手にいたときもあった!)特にカマドウマムカデは、他の場所で目にするカマドウマやムカデより体長が2倍近く大きい
我が家ではよく「巨大カマドウマ発見!」「巨大ムカデ登場!」などとお互い報告しあっている。あまりにも大きいので、自分が小さくなってしまったんじゃないかと思う程だ。

自然は常にイレギュラーだ。例外というものが必ず存在する。だからわたしのように巨大なカマドウマを見たりするわけだ。こうした経験にほんの少しだけ想像力をふりかけるとナウシカのような異世界を描くことが出来るんじゃないだろうか?(もっとも宮崎駿がダンゴムシを見て王蟲を想像したわけではないと思うが)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA