ショートショート:殺虫剤

スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

梅雨の合間の晴れた日、秋子は母と庭の草取りをしていた。
家の庭は秋子の母の自慢だ。赤やピンクのかわいらしい花、薄紫や黄色の小さな花が咲き誇っている。すべて秋子の母が育てたものだ。

母は時々、秋子を誘って庭の手入れをする。庭をきれいに保つためだが、これは親子のコミュニケーションにもなっていた。
「あっ、お母さん。変な虫がいっぱいいる!」
秋子が草取りをしていた近くの黄色い花の葉や茎に小さな虫がたくさんついていた。
「アブラムシよ。」
「お花大丈夫?」
秋子が言うより早く母は立ち上がって動いていた。
「サッチュウザイ取って来る。待ってて」

しばらくして母はスプレー缶を手に戻って来た。
”アブラムシ一発”とスプレー缶には書いてある。
秋子を少し花から遠ざけ、母はアブラムシ目掛けてスプレー缶のボタンを押した。

「シュゥゥゥゥー-」
勢いよく噴き出した液体は、みるみるアブラムシたちから自由を奪っていく。アブラムシたちは、しだいに動かなくなり葉や茎から落ちていった。
「けっこう効くのよ。これ。」
秋子は母の言う通りだと思った。一瞬でちいさな虫たちは死んでしまった。

サッチュウザイの効果を目の当たりにした秋子は、自分でもスプレー缶を使ってみたくなった。
他の花にもアブラムシがついているかもしれない。
「お母さん。わたしにも貸して!」と母の持っているスプレー缶を奪おうとした時だった。

突然、空の一点がキラッと光った。
見ると銀色の円盤らしきものが、秋子たちの方に急接近してくるところだった。

UFO?本で見たUFOは興味深かったが、実際に目の前に現れると秋子は怖くなった。
「お母さん。UFOだよ!」
母も同じ方向を見ていた。秋子の肩にふれた母の手が震えている。

UFOは、秋子たちの上空までくるとそのまま静止した。
青白い光が地上に向けて放たれた。光とともに巨大なロボットが1体降りてきた。しばらくしてもう1体。こちらは最初に降りたロボットよりさらに巨大だった。

秋子はこのロボットたちは宇宙人かもしれないと思った。
春休みに観た映画の巨大ロボット型宇宙人に似ていたからだ。ロボットの頭部には、赤い2つの球体が目のように光っていた。
秋子が観た映画の巨大ロボット型宇宙人は、人間と共に悪に立ち向かう良い宇宙人だった。
この巨大ロボットはどうだろうか?秋子はどきどきしながら様子を見ていた。母は、スプレー缶を手にしたまま声も出ないようだった。

小さい方のロボットが、何やら金属的な音を発した。
それはもう一方のロボットに対して何か言っているようにも聞こえた。その金属的な音が合図だったかのようにもう一方のロボットも金属的な音を発した。そしてUFOへと戻っていった。

何が起きているのか秋子にも母にも分からなかった。
しかし、もし秋子がアンドロメダに住むイプシロン星人の言葉が分かったのなら、こう聞こえたはずだ。

「あっ、お母さん。変な虫がいっぱいいる!」
「サッチュウザイ取って来る。待ってて」

虹色の雨が秋子たちに降り注いでいた。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました