児童書のおすすめ本59選

ゴジラだっ、逃げろ!

ゴジラだっ、逃げろ!

車のハンドルについているクラクション
どこを押せば音が鳴るのか今一つ分からない。(そう感じるのはわたしだけ?)
真ん中辺りを押せば鳴るのは分かるのだが、どの範囲までがクラクションを鳴らせるエリアなのかよく分からない。しかも車によっても音の鳴る範囲が違う。そんな理由で、わたしは時々鳴らすべきタイミングでない時にクラクションを鳴らしてしまう

今日も職場の車を運転している時、ハンドルにちょっと手を押し付けていたら急に「ピーッ」とクラクションが鳴った。一瞬、辺りを見回してからようやく自分の仕業だと気づいた。
クラクションが鳴った位置は交差点付近。わたしの前を走っていた車の運転手はどう感じただろう?

以前も「そこで鳴らんでもええやないか」というタイミングでクラクションを鳴らしたことがあった。
多分、ハンドルに両手を押し付け伸びかなにかしていたんだろう。ハンドルの中央付近を押してしまったのだ。けたたましくクラクションが鳴りだした。
その時の場所も交差点である。
わたしは信号待ちをしていた。目の前には一台の車が信号待ちで停止していた。あろうことか、わたしがクラクションを鳴らした瞬間と交差点の信号が青になった瞬間が同期してしまったのだ。

うーん。なんたる偶然、などと言ってはいられない。
どう考えても、わたしの前の車の立場からすれば「早くいけ!ぼけっ」と後ろからまくし立てられている構図にしか見えない。

人生は誤解の連続だなぁ、と感じつつわたしは車を走らせた。
車のクラクションに限らず、日常のちょっとした行いの中でも誤解は生じているのだろう。
わたしたちが、言葉や文章、芸術、はたまた動画で何かしら振る舞いをするのは、一つには相手に伝えるためであるが、ちょっとした偶然で、お互い思わぬ方向に感情がそれていくとしたら少し怖くもある

自分の行動や感情が、相手にしっかりと伝わっている保証はどこにもない。
であるなら、想像力を持って解決するしか道はないだろう。
出来るなら想像力は良い方向に使いたい。
例えば、信号待ちをしていて後ろからクラクションを鳴らされたら「ああ、後ろからゴジラでも迫っているのかな」というような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA