エキセントリック戸川純

スポンサーリンク
好きなもの

変な曲。それが最初に戸川純の曲を聴いた時のイメージだ。
30年以上聴いていても新しい。というより、時代がやっと彼女に追いついたんじゃないだろうか?

中学校時代の友だちが「これいいよ」といって貸してくれたレコードを録音したカセットテープがわたしの戸川純の全てだ。
アルバム名が書いてなかったのでネットで調べたら「ヤプーズ計画」というアルバムの曲だった。
一つ言えるのは1987年の曲なのに2021年の今聞いても違和感がないことだ。

当時の戸川純がYouTubeでチャンネル持ったら世界中からいいね!をゲットできそうだ。
挑発的な歌詞、曲の途中で豹変する歌い方は完全に別の次元にいっちゃってる。あの巻き舌も真似できなそうだ。

戸川純の顔も好きだった。表情に裏がありそうで魅力的だ。
戸川純の作詞する歌詞もエキセントリックだ。曲が一つの物語になっている。映像でイメージできる。かなりエロかったりグロかったりする映像なのだが。なぜかくせになる。

わたしは軽トラの運転中、カセットデッキでよく戸川純の曲を聴く。(わたしの軽トラにはいまだカセットデッキがついている)
軽トラのカセットデッキは、オートリバースなので戸川純を無限ループできる。

♪コードネームは、バーバラッ!

ゲルニカ時代の戸川純もおすすめ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました