わたしの選んだ昭和の遺物ベスト10

スポンサーリンク

今は亡きとまでは言わないが、平成の今ではほとんど目にする事がなくなってしまった昭和の遺物をまとめた。
多くの人からするとそれは昭和の遺物かもしれないが、わたしにしてみれば、これらは全部好きなものにあたる。
ここに挙げた昭和の遺物ベスト10は、すべてわたしの大好きなもので、むしろなくなって欲しくないものかもしれない。
2012-04-03 at 16.34.55
【写真/2012年4月3日 ポケットキューブと言われるもの。ルービックキューブは昭和の遺産というより現役】


【1位】黒電話
どんなに短い電話番号でもかけるのに10秒はかかりました。
その形式から電話をかけることを「電話番号をまわす」といいました。
インターネット以前の通信手段は、手紙かこれにつきます。
電話番号をまわした後、相手につながるまでの間に色々なことを考えた記憶があります。
恋人相手の黒電話は、それはドキドキものでした。

【2位】TVドラマでの夫の帰宅に対し、
「あなた。お食事にします?それともお風呂?」
と聞く妻

これこそ昭和の遺物と言えるものだと思うのですが、平成の現在でもときどきTVドラマでこのシーンがあります。
たぶんドラマを作っている人が昭和の遺物なんでしょう。
ドリフターズがこれをもじって、
「あなた。お風呂にします?それとも わ・た・し?」
というネタにしていました。

【3位】天声人語
有名な朝日新聞の一面にあるコラムです。
最近の天声人語は、内容が薄く転生人後ですね。
辛口になりますが、誰にでも書けるような内容の回が多くなってきました。深い考察の上に成り立っていた昭和の天声人語に戻って欲しいと思い3位とします。

【4位】マニュアル車
半クラッチとかありましたよね。
今ではマニュアル車はほぼ高級スポーツカーのみとなりました。
イニシャルDが好きな人でもオートマ車に乗っている人は多いでしょう。
坂道発信に悩んだことは今は昔。

【5位】パチンコニュー東京
頭に「ニュー」がついたお店のことです。他にもニューロンドンとかホテルニュー山下とかあります。
お店が2代目というわけでもないのにやたらと「ニュー」をつけたお店が多かったような気がします。
先日みたスナックは、「スナックニューワイルド」でした。

【6位】カラオケ
「次は○○さんの番ね」とかありました。
あまり乗り気ではないカラオケの席で、自分の順番がまわってくることが苦痛でした。
2つくらい前に歌った人の曲が、自分が入れていた曲とかぶっていたときは、逃げ出したくなりました。

【7位】録画したVHSのビデオテープ
タイトルに「保存版」とか書いたりしました。
わたしの家にはまだVHSのビデオデッキがありますが、そろそろ本当に保存版になりそうな勢いです。

【8位】焼き鳥の手土産
わたしは一度も本物を見た事がありません。サザエさんで一度見ました。
酔って千鳥足で帰宅した夫が妻に差し出す品。

【9位】演技が下手なアイドルのドラマ
堀ちえみの『スチュワーデス物語』と杉浦幸の『ヤヌスの鏡』は王道ですね。
中学生時代にリアルタイムで見ていたわたしは、演技の下手さに他の著名な役者さんが怒り出さないだろうかとヒヤヒヤしていました。
ちなみにわたしはどちらのドラマも大好きです。

【10位】アーノルドパーマーのくつ下
中学生の時分に見たエロ本の女の子が履いていた白いソックスがこれでした。(失礼)

以上、わたしが選んだ昭和の遺物ベスト10でした。
ありがとうございました。
昭和の遺物に思う事は、人間の認識できる速さや感覚をもったものが多いな、ということです。
例えば、VHSのテープなどは、早送りや巻き戻しにある一定の時間が必要で、その時間というのは人間にとって認識できるくらいの速さなのです。黒電話のダイヤルが戻る時間も同様。
「パチンコニュー東京」などの「ニュー」は、「新しい」とか「次の世代の」というような意味だと思いますが、現代では、「ネオ」になり「改」になったりと進化をとげています。
ここまで書いて思いましたが、昭和の遺物とはこんなことを未練がましく書いているわたしそのものなんじゃないかということです。失礼しました。

コメント

  1. 幽谷の名無し より:

    管理人様こんにちは。今朝の電気紙芝居(日テロ系)を観ていたら、今時の子供は「蠅帳」や「汲み上げポンプ」の使用方法を知りません。矢張り「核家族化」の影響に因る「世代間断絶」がある様に思います。

    • mrgarita より:

      幽谷の名無しさん、こんにちは。
      「蠅帳」(はえちょう)は今でもわたしの家では現役です。「汲み上げポンプ」も同様(笑)
       生活するうえでの「工夫」がなされたモノがへっていますね。きっと大昔から見たら無駄なことや無駄なものを生み出しているのが現代かもしれません。
       わたしとしては、「蠅帳」などが世界のどこかの国で日本のクールな製品!などと紹介され復活することを願っています。

      mrgarita

タイトルとURLをコピーしました