しっぽの記憶

スポンサーリンク
そういう気持ち

あまり他人に話したことはないが、わたしにはしっぽの感覚がある。
おしりの少し上の辺り、骨がちょっとだけ出ている部分。しっぽこそ生えていないが、しっぽがあったら動かせるのではないかという気が小さい頃からしていた。いや動かせると思う。感覚があるからだ。

人類の祖先、しっぽを持った先祖の記憶がわたしの中に存在しているのかは分からない。
しっぽがあったんだという感覚がどうしても消えない。

しっぽが生えていたら体のバランスのとり方も変わってきそうだ。
挨拶などもしっぽを使ってするようになるかもしれない。しっぽがあると色々と楽しそうだ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました