「SNSで得られるものは、ほとんどない」と言うわけでもない

スポンサーリンク

SNSで知り合った女性と付き合うようになり、同棲までしたのだが分かれてしまった。
その後も、何人かの女性とSNSを通じて付き合ったが、分かれた、と言う記事を新聞で読みました。

その男性は、SNSでは駄目だと判断したようです。
理由は、SNSだと手軽に同じ興味をもつ人たちと知り合うことが出来るが、(自分も含めて)誰もが似たような傾向をもつ人ばかりに偏ってしまい人生の引き出しが広がらない、ということだった。
わたし自身は、SNSは好きではありません。
ミクシィは以前やったことがあります。お友達ごっこのような雰囲気が合っていなかったので、辞めてしまいました。
FaceBookも使っていますが、ほとんど見ません。
時々見ると使っている人はかなり使っているようで、凄い勢いで写真や私生活をさらけだしています。
たぶんわたしは、相手が芸能人であったとしても他人の生活はどうでもいいと思ってしまう方なので、見ないと思います。
何か「考え」や「哲学」みたいなものが感じられるとみるかもしれません。
ただ、SNS自体を「いらない」ものとして考えることはしないつもりです。
なぜなら、SNSを必要としている人がいるし、それを使う目的がそもそも人によって違うからです。
中にはSNSを使うことで、精神の安定になっているひともいるでしょうし、遠くはなれた家族の近況であれば知りたい人もいるでしょう。
新聞の記事にあったように「出会い」を求めている人もいると思います。
十人十色です。
このブログを書くようになって、そう思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました