児童書のおすすめ本59選

「皆が皆、病気である」

「皆が皆、病気である」

医者にかかると大抵なんらかの病気と診断される。
それなら病院に行かなければ一生病気と診断されずにすむというものだ。まあ、これは極端すぎるわたし個人の意見なので何の参考にもならないだろう。
では、こう考えてはどうか。

皆が皆、病気である

あなたもわたしも病気なのだ。
どんな病名かは分からないが、病気である。性格そのものがそもそも病気なのだ。一人一人違う病気なので、対処法はない。病気を治そうなんておこがましい。あなたは治らない病気を抱えて一生過ごすことになっているのだ。

病(やまい)は気から」とはよく言ったもの。
気持ちが病を連れてくる。雲の晴れ間から陽は差してくる。
あと何年か楽しく生きようじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA