児童書のおすすめ本60選

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

何もすることが無いとYouTubeを見ている方は多いと思います。(わたしも含めて!)
時々この動画欲しいなあと思う事があります。この記事では、わたしが利用しているYouTube動画ダウンロード方法2種類を紹介します。

ちなみにどちらの方法でもダウンロードしたいYouTube動画のURLが必要になってくるので、初めにYouTube動画のURL確認方法です。

YouTube動画のURL確認方法

YouTubeを開き、目的の動画を再生します。
ブラウザの上部に「https://www.youtube.com/watch?v=s582L3gujnw」などと書かれている部分があります。
実際には、「https://www.youtube.com/watch?v=」までは共通で、「watch?v=」から始まる英数字の羅列がそれぞれの動画の番号となっています。
この文字列全体をコピーしておきます。

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

一般的な方法

YouTube動画をダウンロード出来るサイトというものが世の中に存在します。
ただ、この手のサイトは英語サイトで怪しい雰囲気が漂っていいるのも事実です。あと広告も多くDownloadなどというボタンをむやみにクリックしてしまうと更に怪しいサイトにつながってしまうこともあり躊躇する方もいるでしょう。
でも一番手っ取り早く簡単な方法です。

今まで使って特に問題も無かったOfflibertyというサイトを紹介しておきます。

Offliberty

アクセスするとこんな感じ。(キャプチャのようなセクシーな女性が毎回表示される訳ではないです。画像は毎回変わるので気にしないでください)

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

サイト中央のテキストボックスにYouTubeのダウンロードしたい画像のURLを貼り付けて下の電源ボタンアイコンをクリックします。

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

すぐにダウンロードが始まります。

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

ダウンロードが終わると英語で「右クリックしてうんたらかんたら~」というボタンに変わるので、右クリックして名前を付けてリンク先を保存…を選択。

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

これでダウンロードフォルダに動画ファイルがダウンロードされるはずです。
ダウンロードしたファイルは、必ずウイルスチェックしましょう!

一般的でない方法

こちらがわたしのおすすめの方法です。
ブラウザは利用しません。コマンドプロンプトを利用します。(=Windowsの場合。MacやLinuxならターミナルでOK)
で、その方法ですがPythonというプログラミング言語で利用可能なyoutube-dlというライブラリを利用するだけです。

Pythonは昨今はやりのプログラミング言語ですが、有志によって便利なライブラリ(簡単に利用できるようにしたプログラムの関数群)が作成され公開されています。
その中にYouTubeの動画をダウンロードするyoutube-dlというライブラリが存在します。
今回はこれを利用します。

youtube-dlを使う前の準備

  1. Pythonのインストール
  2. youtube-dlのインストール

となります。ちなみにPythonはインストールするだけで使いません(笑)
まあ、後々プログラミングでもしたくなったら使ってください。(いいですよPython)

まずはPythonをインストールします。
沢山のサイトでインストール方法が紹介されているので参考にインストールしてください。

このあたり。

まずはここから!Pythonのインストール方法【初心者向け】

次に Windowsキー + Rキー を同時に押して、表示されたテキストボックスに「cmd」と入力してコマンドプロンプトを起動します。

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

コマンドプロンプト上で

pip install youtube-dl

と打ち込んでEnterキーを押します。(必ず、Pythonをインストール後に実行してください)

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

ずらずらと文字が表示されインストールが始まります。
終了すると再度カーソルが点滅します。

ここまでで準備は終了です。

youtube-dlを使ったYouTube動画のダウンロード方法

では実際にダウンロードしてみます。

コマンドプロンプトを起動して、

youtube-dl 《YouTubeの動画URL》

と打ち込んでEnterキーを押すだけです。

イメージ
YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

ダウンロードした動画の保存先ですが、上のキャプチャでは、C:/Users/wutianと表示されています。(これをカレントディレクトリといいます。実行中の場所です)意味ですが、Cドライブユーザーフォルダの下のwutianという名前のフォルダという意味です。保存先もこの場所になります。

お使いの環境によってこの部分は変わるのでコマンドプロンプトに表示されているカレントディレクトリで判断してください。

YouTube動画をダウンロードする一般的な方法と一般的でない方法

この方法だと傍目には何か難しいことをしているように見えるので、仕事中だと正に仕事中に見えます(笑)
実際はPythonを使って動画ファイルをダウンロードして更に音声ファイルにも変換もする、などということも出来るのですが、まあシンプルに使うということにしぼって紹介してみました。

一つの事をするのに色々な方法がある、というのは面白いものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA