YAMAHAルーターに市販の無線LANルーターをつなげてWifi環境にする

スポンサーリンク
IT知識

高性能な有線ルーターに市販の無線LANルーターを2台つなげてWifi環境を構築した。

インターネット環境はen光のV6プラスを使っている。
YAMAHAの有線ルーターRTX830を光回線につないで、そこから2つの無線LAN環境を作れないかと考えた。

ネットワークイメージ図はこんな感じ。(図はhttps://app.diagrams.net/にて作成)

配線

光回線につなげた有線ルーターからは、LANケーブルで各無線ルーターにのばして無線ルーターのWANポートにつなぐ。

IPアドレス等

各無線ルーターにつながった端末はそれぞれ別のLANとして認識させるため、IPアドレスを以下のようにした。(適当)

YAMAHA RTX830(有線ルーター)192.168.100.1
Buffalo WXR-5700AX7S(無線ルーター)192.168.10.1
ASUS GT-AX11000(無線ルーター)192.168.50.1

※サブネットマスクは全て255.255.255.0

YAMAHAルーターのconfigファイル(設定ファイル)

YAMAHAのルーターはconfigファイルという設定ファイルが面倒で良く分からなかったため、V6プラスの設定をYAMAHAの公式サイトからダウンロードして使った。(わたしの場合、「ひかり電話契約なし
 - 動的IPサービス契約
をダウンロードして利用)

v6プラスでインターネット接続
ヤマハのネットワーク機器の設定例ページで...

市販の無線LANルーターの設定

各無線ルーターの方は、WAN接続の設定を自動取得に変更した。

例)ASUS GT-AX11000の場合 WAN > WAN接続タイプ を 自動 IP に設定。

例)Buffalo WXR-5700AX7Sの場合、Internet > Internet を DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得 とした。

一応これで無線LANルーターは別々のネットワークとしてWifi接続が可能になった。
通信速度だが、各Wifiとも平均的に120~220Mbpsの速度が出ている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました