Windows11でWindows Defenderのクイックスキャンやセキュリティ機能が使えない時の対処法

スポンサーリンク
ハウツー

わたしの場合、Windows10からWindows11にアップデート直後にこの症状となった。

症状

ウイルスと脅威の防止でクイックスキャンや定義の更新などを選ぶと

このwindowsdefenderリンクを開くには新しいアプリが必要です

などとポップアップが出てセキュリティ機能全般が起動できなくなる。
また、Microsoft Store でアプリを探そうとしても何も見つからない。

実際のイメージ

原因

自動での定義ファイル更新やクイックスキャンは動いているようなので、Windows Defenderアプリへのリンクが切れてしまっている。

対処方法

Windows PowerShellというアプリを管理者モードで開く

次に行うコマンド実行がアクセス拒否されるため、必ず管理者モードで実行してください。

次のコマンドをWindows PowerShellにコピー&貼り付けしてEnterキーを押す

Get-AppxPackage Microsoft.SecHealthUI -AllUsers | Reset-AppxPackage

実行時のイメージ

ウイルスと脅威の防止のウインドウなどがこのように起動できれば、クイックスキャンなどのWindows Defenderの機能がこれまで通り使えるようになる。

参考

以下の英語サイトの対処法を参考にしました。

Windows Security not opening. (Windows 11)
I am installing an application from a trusted source, and I was going to exclude a folder from Windows Defender. But then this happened! Every single category d...

コメント

  1. flow より:

    Windows11でWindows Defenderがうまく開かず困っていたところ、この記事のとおりに実行してみたら解決しました。本当にありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました