Ubuntuデフォルトゲートウェイを再設定したのにネット接続できない場合の対処

スポンサーリンク
logo IT知識

Ubuntuで、デフォルトゲートウェイアドレスを再設定したのに、それでもネット接続できない場合の対処法。
わたしの場合、Ubuntuサーバ(18.04 LTS Server)を利用している際、急にネット接続ができなくなり、wgetコマンドやsudo apt updateなどで「 ホストアドレスを解決できませんでした。」のエラーメッセージが出るようになった。

下記の方法でデフォルトゲートウェイアドレスを再設定したのだが、それでもネット接続が出来ない

原因は、デフォルトゲートウェイアドレスが複数設定されていて、かつ片方のアドレスがすでに死んでいる状態だった事

最終的には、余分に設定されていたデフォルトゲートウェイアドレスを消去して解決した。
以下その手順。

現在のカーネルIP経路テーブルを確認

カーネルIP経路テーブルの参照コマンド route -n を試すと以下のような表示。

カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
0.0.0.0         192.168.0.1     0.0.0.0         UG    0      0        0 enp2s0
0.0.0.0         192.168.0.100   0.0.0.0         UG    0      0        0 enp2s0
192.168.0.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enp2s0

2つのデフォルトゲートウェイアドレスが登録されている。
上の192.168.0.1は、インストール時に設定したもの。下の192.168.0.100sudo nano /etc/netplan/50-cloud-init.yaml(上記記事参照)を実行して再設定したものだった。
現在は192.168.0.100をデフォルトゲートウェイアドレスとして利用したいので、使っていない方のアドレスを消すことにした。
例えば、192.168.0.1をIP経路テーブルから消去するには、

sudo route del default gw 192.168.0.1

のようにすれば良い。

再度 route -n を実行してIP経路テーブルを確認。

カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
0.0.0.0         192.168.0.100   0.0.0.0         UG    0      0        0 enp2s0
192.168.0.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enp2s0

きちんと192.168.0.1が消去された。
これでやっとネット接続できるようになった。
もし同じような状況なら試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました