自由

そういう気持ち

機械の身体がただで手に入る星

その星では、機械の身体がただで手に入るという。 わたしの好きな『銀河鉄道999』は、主人公の鉄郎が永遠の命が手に入るという星へメーテルという美しい女性と旅をする物語だ。(ちなみにわたしは車掌さんが好きだ) 最終的に主人公の哲郎は、生身の...
そういう気持ち

自由な場所

学生時代に勉強した国語のテストでは、よく長文読解問題として「この部分での筆者の意見を述べよ」などという問題がまことしやかに存在していた。 わたしが一番嫌いだった問題だ。 いつも「そんなの分かる訳ないじゃん!」と考えていたが、テストの...
面白かった本(小説)

本の感想:チョコレート・アンダーグラウンド

チョコレート・アンダーグラウンド アレックス・シアラー(著) 「本日五時以降チョコレートを禁止する」 この行き過ぎた(たかがチョコレートと笑うなかれ)政策に終止符を打とうとスマッジャー少年とハントリー少年が立ち上がる。...
そういう気持ち

ポイントカードにしばられる私たち

わたしはなるべくカード類は持たないように生きている。 理由は簡単で、カードの持つポイント制サービスに縛られないようにするためだ。
言葉

言葉:自由

自由って あきるんですよね 映画「私の男」より/ハナの台詞
健康

フルマラソンに失敗して得たもの

わたしはフルマラソンに過去3回挑戦して、完走したのはただの1度だけ。2回は失格(時間制限があるため)だった。フルマラソンに関しては失敗続きのわたしだが、学ぶことはあった。
日記

子どもが作る「何か」

家に帰るとこたつの上にねりけしで作った「何か」が置いてあった。 実は白鳥の親子(見た目は黒鳥) - 日本に古来から伝わる<ねりけし>で作られている 「あひるの親子」だった。
そういう気持ち

朝寝坊ができる自由

【写真/2013年6月9日午後3時44分45秒 シリダルマン at 茨城県近代美術館】 久しぶりに朝7時半まで寝ていた。 ふだんは早くて朝の5時、遅くとも6時半には起きるわたしとしては寝坊したことになる。
そういう気持ち

自由に生きたい、自由に生きたい

自由に生きたい、自由に生きたいと思ってこんな歳になってしまった。 わたしは、見る人からすれば十分に自由に生きているように見えるだろうし、人権的にも経済的にも恵まれていない国の人からすれば相当自由な生き方をしているに違いない。でももっと自由...
管理人ページ

働きたくない人へ

「『働きたくない』というあなたへ」という本を読んだ。 わたしの知る限り「働きたい人へ」という題名の本は存在しない。 なぜ働きたくないのか?はそれぞれだが、その本に登場する色々な人の意見からすると「時間を拘束されるから」が多いことに気づく...
タイトルとURLをコピーしました