写真

写真を一枚だけ残せるとしたら

あけましておめでとうございます。戌年です。

人生は読めないブログにようこそ!
生きている限り人生は読めません。

わたしは、これまでにたくさんの写真を撮影してきました。
しかし、後々で見ていいなぁと思える写真はそんなに多くはありません。

写真を一枚だけ残せるとしたら、どの写真にするだろう?と今年一番最初に考えてみました。

...答えは見つかりません。

本年もよろしくお願いします。

俳句:写真


モノクロの
笑顔の写真
時の中


長崎瞬哉

「赤」がテーマの宿題写真

beautiful mind
アンダーラインは「赤」が多いですよね(ちなみにこれは学校のトイレに貼ってありました!)

「CG」という授業でカメラによる撮影を行っています。
先日は一眼レフカメラの使い方を教えました。
宿題として、学生に出したお題は、

「赤」がテーマの写真を撮ってくる!

でした。 続きを読む

俳句:桜


満開の
桜も見ずに
写真かな


長崎瞬哉

アイデア:わたしの中のfacebook

2013-04-06 at 18.12.28

たぶん、facebookというサービスは無くなってしまうと思うので、わたしは独自にfacebookという名のサイトを考えた。
それは「日常における顔っぽく見える写真を集めたもの」というものだ。 続きを読む

本物よりも美しい

本物よりも美しいものが世の中にはいくつかあって、その一つが写真によってもたらされる景色だということに気づいた。

2013-12-14 at 11.33.58
【写真/2013年12月14日 ビルに映った青空】

続きを読む

空気は写せない

ときどき、空を見上げてはっとします。
きれいだなぁ、と思う瞬間はいいものですね。
でも、その場の空気までは写せません。
そう言えば、漢字で「空」の「気」と書いてくうきと読むのですね。

2013-11-15 at 16.33.21
【写真/2013年11月15日午後4時33分の空】

本の感想:ハーフサイズカメラ遊楽

ハーフサイズカメラ遊楽
飯田鉄/良心堂(著)

ハーフサイズカメラ遊楽 (エイ文庫)

オリンパスペンやキャノンデミ、リコーオートハーフ。今となっては中古のカメラ屋さんでしか手に入らないかわいいハーフサイズカメラ達をカラー写真付きで紹介した本。

続きを読む