SOTOマイクロトーチが点かないときの最終手段

スポンサーリンク
ハウツー

燃料を充填してもSOTOのライターが突然点かなくなってしまった。
そんなときは、素直にSOTOのお客様センター(0120-75-5000)に電話するが吉。

わたしの商品の状態

症状があった商品は、SOTOマイクロトーチACTIVEというコンパクトなライター。
燃料は入っているようだが、突然点かなくなった。

対処1(これは結局解決にならなかった)

一応燃料を充填してみた。

ちなみにこのようにカセットガスの先を下にして充填する。

買った時の説明書にかいてあるのだが、わたしは逆向きにやっていた。
割とこの向きでやらない人も多いらしい。

ちなみにカセットガスはST-700(レギュラーガス)ではなくST-760(パワーガス)の方が圧が高いのですんなり充填できる。

対処2(燃料を充填しても点かないときはこれがベスト)

買った時の説明書の保証規定の部分に書いてあるお客様センターの電話に掛けた。

電話するとすぐにつながった。
燃料を充填しても点かないことを伝えると、購入した日や購入店名を聞かれ「代わりの商品を送ります」とのこと。(特に保証書や購入時のレシートなどの提示は求められなかった)

2日後くらいに代わりの同じ商品と返信用封筒(不具合の商品を送り返すためのもの)が届いた。
不具合のあった商品は燃料を抜いてから封筒に入れて送り返すという形。封筒にも切手が貼ってあり、わたしの出費はゼロで問題解決してしまった。

まあ、商品に不具合がないに越したことはないがSOTO(正式名:新富士バーナー株式会社)の対応の素早さはちょっと感動した。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました