Python:半角¥マークつきの金額部分の数値のみ取り出す

スポンサーリンク
Python:半角¥マークつきの金額部分の数値のみ取り出す Python

半角の「」記号がついた金額表示は日本ではよく見かけます。
更に日本では金額の3桁毎に「,」(カンマ)を挿入する習慣があります。

こんな風に。

¥1,280

Pythonを使って、こうしたデータから数値のみ取り出す方法です。

やろうとしている事

こういう文字列を

販売価格 ¥824,529

こうしたい。

824529

ソースコード

正規表現を使って、「¥」と「,」と数字以外の文字を消去する、という事で数値のみを取り出してみます。

deleteYenCamma.py

# -*- coding: utf-8 -*-
"""
	半角¥マークつきの金額部分の数値のみ取り出す

			例)販売価格 \824,529 --> 824529

"""

import re

# 元の文字列
before = r"販売価格 \824,529"

print("最初の文字列\n\t={0}".format(before) )

# 「\」と「,」と数字以外の文字を消去する
after = re.sub(r"\\|,|\D", "", before)

# 取り出し後
print("\n置換後の文字列\n\t={0}".format(after))

解説
Pythonで正規表現を使うには、import reを宣言します。
reモジュールには、subという正規表現を使って、文字列置換できるメソッドが存在します。

re.sub(検索文字列, 置換文字列, 対象文字列)

sub第1引数は正規表現で記述するため、

r”\\|,|\D”

は正規表現となっています。
最初の「\\」で半角¥を表します。「\」を2つ続けて記述しているのは「\」という文字がエスケープ文字のためです。1つにしてしまうと文字列が括られていない扱いになり実行エラーとなります。
,」は半角カンマを表し、「\D」は数値以外の文字を表しています。
途中の「|」|記号は、「または」という意味です。よって、「¥」または「,」または数字以外の文字を検索しなさい、という意味になっています。

続いて第2引数

“”」は、置き換え文字として文字列なしを選択したことになります。よって第1引数の意味とあわせて「¥」と「,」と数字以外の文字を消す、という意味になっています。

変数beforeが、置き換え前の文字列、変数afterが数値のみが入った文字列になります。
ただし、この時点では変数afterの値は、文字型です。もし取り出した数値で計算をしたい場合は、re.sub実行後に

after = int(after)

とすれば整数型に変換できます。(計算可能な数値になるということ)

以上、Pythonで半角¥マークつきの金額部分の数値のみ取り出す、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました