2017年1月のメモ

人は何かに挑戦するとき、知らず知らず幸せの鍵を手に入れるのかもしれない。

宮田珠己/エッセイスト

ああ、そうなのか

自然というものに対して、子供の頃のわたしは「なぜだろう?」という気持ちがほとんどだった。
大人になったわたしは、自然である木や空や動物たちを見るにつけ、未だに「なぜだろう?」が先立つ。

続きを読む

2016年11月のメモ

多くのものを持たずに生きていくことはできます。そこに何を加えていくか、人生観でしょうか。無駄なものでも、心の支えになることもあります。豊かな人生を生きたいです。
東京の女性62才/朝日新聞be

続きを読む

俳句:夕焼け

夕やけを
持ってきたよな
もみぢかな

長崎瞬哉

川柳:いのち

わが命
あるだけラッキー
父は被爆者

長崎瞬哉

人は人に名をつける

小学生時分のわたしは、自分の名前が好きではなかった。名前の最後に「一」がつくことがそもそもいやだった。単純にかっこ悪い、と思っていた。
父に名前の由来を聞いた時、「修行して…」と言い出されて、「修行」という言葉の重みに心が「うわっ」となった記憶がある。

続きを読む

AIの実力とトランプ氏

「マスコミは当てにならない」

これが今回のアメリカ合衆国大統領選におけるわたしの感想だ。
前日の朝日新聞を読んだ。トランプ候補が善戦はするだろうが、クリントン候補有利、という見方の記事だった。
テレビやラジオ、ネットでも大方同じ表現だったように思う。

続きを読む

2016年10月のメモ

判断を誤ることもあるでしょうが、何も決断しなければ得るものもありません。幸運は、失望の中にこそあると私は思います。

デービッド・ベッカム/元サッカーイングランド代表

続きを読む