言葉

2012年5月のメモから

校舎を作るより、子供を作れ! 詠み人知らず 「節電のためテレビは消しましょう」とは、テレビでは絶対に言わない 2ちゃんねる
好きなもの

映画の感想:オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人」は作曲家のアンドリュー・ロイド=ウェーバーが生み出したミュージカルだ。 「オペラ座の怪人」というタイトルは昔から知っていた。わたしは当初ホラー映画だと思っていた。 ミュージカルの傑作と謳われているこの作品は数々の講演が各国...
好きなもの

地元の劇場に足を運ぼう/キャッシュ・オン・デリバリーを見て

水戸芸術館の中にACM劇場という小さな劇場がある。 わたしは普段、何か面白い美術展があると水戸芸術館の方には足を運んでいたが、ACM劇場は行ったことがなかった。 キャッシュ・オン・デリバリーというコメディーが先日上演されていたので、小学生の...
日記

ダイエットをしている人は本気で痩せようとは思っていない

ダイエットをしたことがない。 痩せているからではなく、「ダイエット」という言葉が好きになれない。 年がら年中「ダイエットをしているんだ」とまわりにアナウンスしている人がいる。そういう人は本気で痩せようとはしていないと思う。 【写真/201...
日記

インターネットに未来は検索できない

「インターネットは空っぽの洞窟」という本を10年以上前に読んだ。 インターネット初期の時代、ネット依存への警鐘を鳴らす米国の本だった。 ネット検索で引っかかるものはゴミ情報が多い、何かありそうに期待させて実は何もない。 インターネットは空っ...
ハウツー

XAMPPのphpMyAdminで文字化けするときの対処法

仕事でWebアプリを作る授業を受け持っています。 カートシステムを作る為に、PHPからMySQLデータベースに接続して商品データを読み出そうとしています。 Apache+PHP+MySQLを一度にインストールしてくれるXAMPPというパッケ...
面白かった本(小説)

本の感想:人間豹/江戸川乱歩らしくない小説

人間豹 江戸川乱歩(著) 少年探偵江戸川乱歩全集〈44〉人間豹 怪人二十面相で有名な江戸川乱歩の少年探偵シリーズの44巻目の本です。 最初の少年探偵シリーズの巻に比べるとかなり文体が違っており、話の展開がやや急な感じのする本です。 ...
児童書のおすすめ本

本の感想:おくのほそ道

おくのほそ道 松尾芭蕉(文)齋藤孝(編) 中谷靖彦(絵) 「声にだすことばえほん」と副題に書いてあります。 ぜひ声にだして子供と一緒に読んでみたい本です。 松尾芭蕉の句は日本人の心に一つは入っている俳句だと思います。 中谷靖...
そういう気持ち

同じ災難にあった人どうしが、お互いに助け合うことができる

「頑張ってください」 日常わたしも他人にこう声かけをすることがある。 「頑張ってください」と健康な人がもう助かる見込みのない病気の人にかけることは、出来ないはずだ。
児童書のおすすめ本

本の感想:せかいのひとびと

せかいのひとびと えとぶん/ピーター・スピアー せかいのひとびと (児童図書館・絵本の部屋) 「いま 地球には どのぐらい 人が いるか 知っている?」 でこの本に引き込まれる。 絵本に分類されるが、書いてある文章を読むと大人で1...
タイトルとURLをコピーしました