児童書のおすすめ本60選

MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

macbook-pro-battery-connector

2011年に購入したAppleのMacBook Pro(13-inch, Early 2011)のバッテリーを交換ついでに内部構造と使われているネジの種類を紹介。

MacBookは裏返してプラスドライバー(小)で簡単に裏ぶたが外れます。
ネジはこんな感じ。
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

裏蓋のネジの長さは3ミリほどの短いやつ異様に長いネジの2種類がありました。
かなり小さいので、ネジ山をつぶさないように注意してください。

内部はこんな感じです。(分かる範囲で紹介)
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

メモリは2GB×2枚入っています。(Sumsung製ですね)
つめを広げると簡単に交換できそうです。
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

ハードディスクは日立製。サイズは320GB
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

外側のネジは普通なのに対し、内側のネジはかなりバラエティに富んでいます
今回交換したバッテリー部分は二か所ネジを外す必要があるのですが、プラスネジではありません。
何と呼ぶのか分からないので見た目そのまんまでお伝えするとベンツのマークみたいな3方向のネジ穴です。

こんなネジです。(写真のピント弱し)
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

バッテリー交換に使ったドライバー。(これも写真のピント弱し!)
購入したバッテリーに付属していたものなので、普通には売っていなさそうです。
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

バッテリーを外す時のネジの位置と本体との接続コネクタの位置。
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

本体とバッテリをつなぐコネクタはつめで上に持ち上げれば簡単に外れます。
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

ちなみに先ほどのハードディスクを外すネジは見たこともない型。(わたしにはカメさんマーク見えます)
MacBook Pro(13-inch, Early 2011)の内部構造とネジについて

ヘクスローブドライバー(トルクスドライバー)というんだそうです。ネットで購入できます。

Apple社のサイトにMacBook Pro (13-inch, Early 2011)の技術仕様がありました。

MacBook Pro (13-inch, Early 2011)の技術仕様 – Apple

以上、ほとんどの人にはどうでもいいMacBook Proの情報でした。

さらにどうでもいい話

MacBook Pro (13-inch, Early 2011)は、9年間使いました。
9年間使ってみて一番良かった点はキーボードです。打ちやすいので。

特にEnterキーの位置と大きさが完璧です。
macbook-pro-battery-connector

キーボード以外では、剛性が高いです。他のノートパソコンと比較して感じる点。
これは毎日使う上では大事です。安心感があるというか。

この『人生は読めないブログ』も開始当初は、ほとんどこのMacBook Proにお世話になりました。今はWindowsのノートがメインです。Windowsで使いたいアプリが多いからという理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA