ffmpegで動画ファイルを音声ファイルに変換する

スポンサーリンク
IT知識

ffmpegというマルチメディアコンバータを使ってmp4、m4vなどの動画ファイルmp3のような音声ファイルに変換する方法。

結論から言ってしまうと、ダウンロードしたffmpegを使って、

ffmpeg -i 《元のファイル名》 《変換後のファイル名》

とすればOK。

例として元動画hoge.mp4音楽ファイルhoge.mp3に変換するにはこうなる。

ffmpeg -i hoge.mp4 hoge.mp3

処理を速くしたい場合は、以下のように -c copy オプションをつける。

ffmpeg -i hoge.mp4 hoge.mp3 -c copy

ffmpegダウンロード

最近はWebサイト上でYouTube動画などから音声部分のみ抜き出してmp3ファイルにしたり出来るようになったが、そうしたサービスは怪しいサイトも多くすぐにURLも変わってしまう。実績もあるffmpegというフリーソフトを使ったコンバート方法。
ちなみにffmpegは動画プレーヤーでも有名なVLCプレーヤーでも利用されている。

ffmpeg自体はソースコードも公開されている。今回は実行形式ファイルのみあれば良いので、ビルドされた(コンパイル済み)の実行形式ファイルをダウンロードする。

Windows版とMac版は以下からダウンロード可能。

FFmpeg Builds – Builds – Zeranoe FFmpeg

上記サイトにアクセス後、Download Buildボタンをクリック。
PythonでMP3ファイルを連結するプログラム

zip形式ファイルがダウンロードされるのでまずウイルスチェックしてから解凍。

解凍後にbinフォルダの中身を開く。
PythonでMP3ファイルを連結するプログラム

binフォルダの中にffmpeg.exe(本体)が入っている。
適当な位置にこのffmpeg.exeをコピーして利用する。

変換の手順

c:\tmpの作業用フォルダにffmpeg.exe本体と動画ファイル(phantom.m4v)をコピーしておき、MP3形式音声ファイル(phantom.mp3)に変換する例にとって説明。

既に作業用のフォルダには事前にffmpeg.exeと動画ファイル(phantom.mp4)がコピーされているものとする。

コマンドプロンプト起動。

Windowsキー + R で「ファイル名を指定して実行」を開く。
開いたウインドウに「cmd」と入力してOKボタンを押す。

作業用フォルダに移動して変換実行

作業用フォルダ(c:\tmp)フォルダに移動

cd c:\tmp

動画ファイルを音声ファイルに変換してファイル出力。

ffmpeg -i phantom.m4v phantom.mp3 -c copy

実際の画面イメージ(変換実行後、動画の情報が表示されている)

変換完了。mp3ファイルのファイルサイズ等が表示されている。

変換終了後エクスプローラで確認してみると、指定したフォルダでmp3ファイルが作成されている。

沢山のファイルを変換したい時は、プログラムを作るしかないが、時々使うくらいならこれで十分。
ちなみにffmpeg自体は別形式の動画から動画、音声から音声への変換も可能なフリーソフト。
使いこなせばかなりのことが出来る。

参考

ffmpegの詳しい日本語の説明

ffmpegの使い方 – すぐやらない課:tech.ckme.co.jp

ffmpeg公式サイト

ffmpeg.org

コメント

  1. taken より:

    とても参考になりました!

    • shuichi より:

      コメントありがとうございます。
      それは良かったです!
      おかげで記事タイトルが「ffpmegで~」と間違っていたのに気づき「ffmpegで~」に直しました。重ねて感謝。

タイトルとURLをコピーしました