ASUSルータをアクセスポイントモードにしてメッシュWifiとして利用する際の注意点

スポンサーリンク
IT知識

わたしの場合、ASUS GT-AX11000を親ルータ、子ルータはASUS RT-AX3000としてメッシュWifi(AiMesh)を利用していた。

親ルータであるGT-AX11000をアクセスポイントモードにした場合もメッシュWifiが利用できそうだったので、やってみた時の注意点を書いておく。

注意点

アクセスポイントモードに変更してしまうと基本的にルータの管理画面に接続できなくなるので、ルータモードの状態でWifi設定、メッシュWifiの設定を済ませておく

ルータモードでメッシュWifiが利用できることを確認した上で、最後に親ルータをアクセスポイントモードにする

実際の手順

  1. 親ルータをルータモードの状態インターネット接続設定Wifi(SSIDやWifiパスワード)設定をして無線LANでネット接続できることを確認しておく。
  2. 親ルータの管理画面メッシュWifiの設定(子ルータを親ルータのメッシュWifiノードとして設定)を済ませておく。(参考はこちら
  3. 万が一の為、親ルータの設定を保存しておく。(設定の保存/復元方法はこちら
  4. 親ルータをアクセスポイントモードに変更する。(方法はこちら

2のメッシュWifiの設定で、メッシュWifiノード(子ルータ)から親ルータを検索することが出来るようなのですが、わたしの場合全く認識されませんでした。親ルータの管理画面からメッシュWifiノードを検索した方が無難です。

その際、メッシュWifiノード(子ルータ)は工場出荷状態にしておけばOKです。特に設定は必要ありません。

ちなみに親ルータをアクセスポイントモードにしたら、ルータの管理画面にアクセスできなくなります。再度設定したい場合はどうすれば良いかというと、ルータをリセットして工場出荷状態に戻し、上記手順3で保存した設定を復元してから再設定すればOKです。

ASUSルータリセット方法

GT-AX11000

  1. 無線LANルーターの電源を切ります。
  2. 「WPS」ボタンを押しながら、無線LANルーターの電源を入れます。
  3. 電源ランプがオンになります (WPSボタンを押し続けます)。
  4. 電源LEDランプが点滅し始めたら、WPSボタンを離します。
  5. 電源ボタンを押して、無線LANルーターを再起動させてください。

RT-AX3000

  1. ルータの電源がONの状態で本体リセットボタンを5秒以上押し続けます。
  2. 電源ランプが点滅したらリセットボタンを離します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました