Android開発:Eclipseでエラーが出たときの対処法

スポンサーリンク

Eclipse + AndroidSDKを使っていると、さっきまで動いていたプログラムが急にエラーメッセージを吐き出すことが良く起きる。そんなときの対処法

Androidアプリを開発しようとEclipseとAndroidSDKをインストールした人は多いと思いますが、教科書通りに作っていて急にエラーが大量に出るようになってしまい、いやになって辞めた人は多いと思います。(それくらい、EclipseとAndoroidSDKは不安定です。昔のWindowsを見ているようです)
Android開発を途中で諦めてしまう人を少なくするために書いておきます。

◎効果があった方法
・eclipse.exeと同じフォルダにある「eclipse.exe -clean.cmd」を実行してeclipseを起動する
・「プロジェクト」ー「クリーン(N)…」を実行する
・workspace内のフォルダ「.metadata」と「appcompat_v7」を(いや、いっそのこと全部)削除してeclipseを再起動

○場合により効果があった方法
・エラーログを右クリックして「削除」
・Ctrl + S で上書き保存すればエラーが消えることがある

●その他
・エラーメッセージ上でクリックすると表示される候補を見て「~をインポートする」との表示がある場合は、基本的にインポートを選ぶ(これは、Javaを理解している人は普通にしていることだと思いますが)

基本的に、Java自体で何かアプリケーションや複数のクラスで動くプログラムを作った経験がないとエラーが出ても対処出来ません。
「急がば回れ」で、まずはJavaを理解してからAndroidアプリの開発に着手すれば一番効率よく開発が出来ると思います。

一つ乗りこえれば、色々と自分の端末で動くアプリが作れて面白いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました