AMD Ryzen 5ノートPCベンチマーク:マウスコンピュータ X4-BとデルInspiron 5485比較

スポンサーリンク
IT知識

自宅と職場でちょうど似たようなスペックのノートパソコンを使っているので、有名なベンチマークプログラムであるCinebenchを使って計測した。

Maxon - 3D for the Real World

マウスコンピュータ、デルどちらのノートパソコンともCPUがGPUと一体型のAMD Ryzen 5 3500U with Radeon Vega Mobile GfxというCPU。ディスプレイも14インチとこちらもほぼ同じ。メモリ8GB、SSDは、256GBというスペック。

CINEBENCH結果

Cinebench R23を使用。
基本的にはMultiの項目〇〇ptsの数値が大きい方が性能が高いといえます。

マウスコンピュータ X4-B

項目ベンチマーク結果
Multi3389pts
Single878pts
MP Ratio3.86 x

デル Inspiron 5485

項目ベンチマーク結果
Multi3241pts
Single917pts
MP Ratio3.54 x

ベンチマーク結果と実際の使用感は違う

ご覧の通り、ベンチマーク結果は、双方さほど変わらない結果となった。
しかし、使用感がかなり違うのだ。マウスコンピュータX4-Bはこのブログを記述する際のワードプレスはかなりもっさりした動作で、ワードプレスのブロックを追加するだけでもワンテンポ(いやツーテンポくらい)遅れるのだ。デルのInspiron 5485は、ワードプレスはサクサク動く。

プログラミングで使うVisual Studio Codeに関しても、デルのInspiron 5485は、起動もエディタの操作もキビキビ動くのに対し、マウスコンピュータのX4-Bの方は、起動は遅いし、Pythonスクリプトの実行なども実行ボタンを押してから3秒くらい待たされる。

ベンチマーク性能と実際の使用感はかなり違うと感じた。
今回のベンチマークはCPU性能をチェックするものなので、次回は、SSDの読み書き性能もチェックしてみるつもりだ。

コメント

  1. まさぷ より:

    intelで言うハイパースレッディングが動いてるかどうかって感じがしますよね。
    マシンによってですが、結構電源の設定で、パフォーマンス抑えられちゃったりすることがあるみたいですよ。

    ちょうどcpu話なので、共有したいのですが、以下のURLの14分からの説明面白いんで聞いてみてください。

    https://rebuild.fm/288/

    • shuichi より:

      管理人です。
      貴重なコメントありがとうございます。

      まさぷさんの言う

      > マシンによってですが、結構電源の設定で、パフォーマンス抑えられちゃったりすることがあるみたいですよ。

      の部分が気になったので電源オプションの設定をみたらAMD特有の設定項目がありました。

      電源オプションの設定(AMD)

      マウスコンピュータX4-Bは、自宅でバッテリー駆動で使うことが多いため、バッテリー駆動時の設定をBest performanceにしたらあっさり動作が軽くなりました!Visual Studio Code使用時のもっさり感もなくなって快適です。
      ありがとうございました!ほんとちょっとしたことなんですね。勉強になりました。

タイトルとURLをコピーしました