2012年03月一覧

NO IMAGE

本の感想:「ボロボロになった人へ」 – リリー・フランキーは、現代社会を笑い飛ばし、ちゃかすような振りをして、物事の本質を描いている

ボロボロになった人へ リリー・フランキー(著) なにかに、つまずいている人の方が、魅力的だと思う - リリー・フランキー という本の帯の言...

記事を読む

NO IMAGE

就職難というウソに、まんまとだまされている私たち

「仕事は選ぶものではなくて、自分を仕事に合わせるんです」 【写真/2011年 友達の大野さんの作品より 獣面のすかし彫り】 ネットで...

記事を読む

NO IMAGE

また行きたくなるペンションは、どこかあたたかい/那須高原のログペンション「ぺペ・ロッソ」

【写真/2011年4月29日 ログ・ペンション ぺぺ・ロッソ】 もう何度も旅行で訪れている場所があります。 那須高原(栃木県)のログ...

記事を読む

NO IMAGE

アイデアの出し方(ゲーム編)

【写真/2011年7月24日 Tonyuでスーパーマリオを作ったS君のパソコン】 わたしの学校には、卒業研究というものがあり、毎年卒業予定...

記事を読む

NO IMAGE

人生には、いろいろな壁がある

「日本人が海外でやっていくための、一番の障壁は、言葉の壁である」 とよく聞きます。

記事を読む

NO IMAGE

すべての仕事がアルバイトだったら?自分の給料を時給に換算して考えてみた

【写真/2011年12月13日の誕生日ケーキ】 アルバイトではない人が、自分の給料を時給になおしてみると、必ずしもそれは満足いくものではな...

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:デルトラ・クエスト 2〈3〉影の王国/秘密を秘密にしている間、人は相手のことを想っている

デルトラ・クエスト 2〈3〉影の王国 エミリー・ロッダ(著) 「だれかに秘密を打ち明けてしまえば、心はかるくなる。でもそのぶん、相手をくる...

記事を読む

NO IMAGE

畠中恵「しゃばけ」を読んでみた。江戸時代の妖(あやかし)たちをみて、自分の「神さま」について考えた

しゃばけ 畠中 恵(著)/新潮文庫 学生に「しゃばけって本、知ってますか?」と言われて、興味をもち読んでみた本。 しゃばけとは、「俗世間に...

記事を読む

NO IMAGE

江戸時代の平均寿命は30歳くらいであるなら、北斗の拳的に言えば「おまえは、もう死んでいる」となるわたし

【写真/2012年3月20日 春分の日の庭にて】 わたしは長生きがしたいです。(笑) 正直に言えば、ただ長く生きるだけでなく、健康で家族と...

記事を読む

NO IMAGE

このままいくと、日本はお墓だらけになってしまうので、自分たちのお墓は作らないようにしようと夫婦で話し合った

日本は戦後わずか50年あまりで、平均年齢50歳代だったものが、約80歳代になった。 50年のあいだに30歳も寿命がのびたと考えると、戦争で...

記事を読む

NO IMAGE

世界の「世」や「皮」の書き順を正しく書けますか?わたしは30年も間違えて書いていました

書き順に自身がある方は、ぜひ世界の「世」書いてみて下さい。 「皮」などの漢字も多くの人が書き順を間違えていると思いますよ。 【写真/201...

記事を読む

NO IMAGE

「エコカー」という嘘くさい響きに、「違和感」を憶えるのは、わたしだけではないと思う

【写真/2011年10月9日 1918年生まれの祖母と2007年式マスタング】 そろそろ「エコカー」という言葉自体が、おかしいことに気づい...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク