2012年 3月 の投稿一覧

本の感想:「ボロボロになった人へ」 – リリー・フランキーは、現代社会を笑い飛ばし、ちゃかすような振りをして、物事の本質を描いている

ボロボロになった人へ
リリー・フランキー(著)
ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

なにかに、つまずいている人の方が、魅力的だと思う - リリー・フランキー

という本の帯の言葉が目が止まり、買った本です。
「自分なんて…」と考えている人は読んでみるといいと思います。
「事実は小説より奇なり」とはよくいったものですが、この短編集にも「それはないでしょ」とか「そんな人いないよ」と言いたくなるような設定や人物が登場してきます。

続きを読む

就職難というウソに、まんまとだまされている私たち

「仕事は選ぶものではなくて、自分を仕事に合わせるんです」
鉞
【写真/2011年 友達の大野さんの作品より 獣面のすかし彫り】
ネットで意見をホームページで発表したり、ブログを書いたり、つぶやいたりしている人が増えました。
でも、そこで得ることができる情報は、「ある人」からすると当たり前すぎることなので、そんな当たり前のことをパソコンや携帯を使ってまで公開しない人の方が多いのではないでしょうか。
例えば、「仕事がみつからない!」と嘆いている若者をうつしたテレビニュースで、キャスターが「就職難の時代です」と言っている場合などです。

続きを読む

また行きたくなるペンションは、どこかあたたかい/那須高原のログペンション「ぺペ・ロッソ」

2011-04-29 at 17.07.37
【写真/2011年4月29日 ログ・ペンション ぺぺ・ロッソ】
もう何度も旅行で訪れている場所があります。
那須高原(栃木県)のログペンション「ぺぺ・ロッソ」です。(現在、建物は同じですが経営者が変わっています。この情報は現在のものとは違いますのでご了承ください。)
今日もふと、温泉につかって夕食のサルティンボッカ(イタリア料理のフルコースの最後にでてくる)食べたいなぁと考えていました。
これから春なので、高原の空気も美味しそうです。

続きを読む

アイデアの出し方(ゲーム編)

2011-07-24 at 15.03.15
【写真/2011年7月24日 Tonyuでスーパーマリオを作ったS君のパソコン】
わたしの学校には、卒業研究というものがあり、毎年卒業予定の学生が1年近くかけ、パソコンで動くゲーム・ホームページ・動画などを制作します。
この授業で、一番時間がかかり、学生が悩むところが、「アイデアを出す」という部分です。

続きを読む

本の感想:デルトラ・クエスト 2〈3〉影の王国/秘密を秘密にしている間、人は相手のことを想っている

デルトラ・クエスト 2〈3〉影の王国
エミリー・ロッダ(著)
デルトラ・クエスト II〈3〉影の王国
「だれかに秘密を打ち明けてしまえば、心はかるくなる。でもそのぶん、相手をくるしませることになるかもしれない」
デルトラクエスト1(全8巻)から続く、デルトラクエスト2(全3巻)の最終巻です。
主人公リーフ、森の少女ジャスミン、元デルトラ兵バルダたち3人をとりまく「ある秘密」がテーマです。

続きを読む

江戸時代の平均寿命は30歳くらいであるなら、北斗の拳的に言えば「おまえは、もう死んでいる」となるわたし

2012-03-20 at 10.46.22
【写真/2012年3月20日 春分の日の庭にて】
わたしは長生きがしたいです。(笑)
正直に言えば、ただ長く生きるだけでなく、健康で家族とともに長生きがしたいということです。
かなり欲張りな注文なので、たぶん地獄におちるでしょう。

続きを読む