黒猫人間

スポンサーリンク
黒猫人間 そういう気持ち

外の空気を吸おうと玄関を出て、ふと右を見ると黒猫がいた。
黒猫とわたしは目があった。ふてぶてしい顔をした猫だ。
わたしが黒猫を見ると同時に黒猫の方もこちらに気づいたようだ。明らかにわたしという人間に気づいた後、「フン」といったかは分からないが、黒猫はすぐに前方を向いた。こっちに気づいて、すぐに別の方に目をやるとは、なんたるふてぶてしさ。「なあんだ、あいつか」という雑魚に対する態度である。

この黒猫、いつもわたしに無関心を装っているが、わたしが近づくとさっと逃げてしまう
人間でもこういう態度をとる人はいるなあ、と思った。
黒猫とわたしを逆にしてみる。
いつも誰かに無関心を装っているが、誰かが近づくとさっと逃げてしまう…わたしだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました