頭に入ってこない本

スポンサーリンク
そういう気持ち

本を読んでも全く頭に入ってこない時がある。
例えば、状況描写心理描写の部分などが全く想像できなくなる。本に書いてある文章を単語に分けて脳内で発音しているような感じだ。当然、本の内容が頭に入ってこない。時々わたしはそんな阿呆状態になる。

そんな時、「ああ、自分は本を理解する能力がない駄目な人だ」などと考えてしまうと気分が落ち込むだけなので、本を書いた人には悪いが、本のせいにすることにしている。

「この本がつまらないのだ。わたしは悪くない」

といった具合だ。(著者のみなさん!ごめんなさい)
こんなことだからいつまで経っても何事も上達しないのだろう。
でも、そうでもしないと人生やってはいられない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました