軽トラ妄想旅行

スポンサーリンク
そういう気持ち

軽トラは、見た目を除きスペック的にはスポーツカーと大差ない。2人乗りだし、マニュアルだし。荷台はスポーツカーを凌駕するではないか。カッコは悪いけど…

ただし昨今の世界的な電気自動車の普及を見ると、今後は軽トラとはいえ電気自動車の時代がやってきそうだ。しかしこの電気自動車、気軽に充電出来て充電がガソリンスタンドで入れるくらいに手早くできないと普及しないだろうから、1年後に世の中の人がみんな電気自動車の乗っている、なんて事はないだろう。

電気自動車より前に普及しそうな分野が自動運転カーである。おとなり中国の上海ではすでに街中で試験運用が始まっているらしい。

自動運転事業に注力するDiDi 上海の限定エリアでロボタクシーサービスを開始 | 36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
6月27日、中国のライドシェア最大手「滴滴出&#348...

もし、電気自動車の急速充電が普及して、自動運転カーも当たり前になったとしても軽トラの魅力は大いにある。
小さな力持ち》という表現が適当かどうか分からないが、軽トラは荷台に沢山積めてしかもコンパクト。自分で運転したい魅力に溢れていると思う。もちろんデッカイアメ車に乗ってブイブイ走るという事も素敵ではあるが、乗り物の《大きさ》というものは人間の体に近ければ近いほど乗っていて楽しいものだ。

最近考えたのは、軽トラで長距離を旅するという事。
宿泊場所は、もちろん軽トラの荷台だ。荷物を積む時に使う幌で荷台を覆って、夜に荷台の上で寝る、というのはどんな気持ちだろうかと考えた。

すでに実践している人たちがいた。

軽トラの荷台にテントを張ったら面白いんじゃない? 荷台泊で楽しむ夕べ|車中泊 Kカー カスタム – スタイルワゴン・ドレスアップナビ カードレスアップの情報を発信するWebサイト
荷台泊で楽しむ軽トラキャンパーの夕べ Bug-truck 軽トラの荷台にテントを張ったら面白いんじゃないだろうか? ──そんな発想から生まれたのが、〈Bug-truck(バグトラック)〉。 車中泊ならぬ「荷台泊」もできる、最注目のアウトドアツールだ。 取り付けに穴開け加工は必要なく、脱着もカンタン。

まあ、ここまで大そうにお金をかけたら面白くもなんともない。
そこで裏山の竹を切って軽トラの荷台につっかえ棒のようにしてのせて幌を被せていたらに見られたのだった。
妻は「何してるの?」とわたしに言ったのだったが、わたしの心は「何余計なことしてるの!」と響いて聞こえたので、それ以来わたしは軽トラの荷台をじっと見つめるだけである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました