詩:特急列車

スポンサーリンク
アイキャッチ未登録画像 長崎瞬哉(詩人)

特急列車

僕が 特急列車に乗ったとき

着いた駅は 各駅停車の駅と同じだった

人は皆 人生という時間の奴隷だ

自分が 奴隷であるということを

僕は 駅を降りたとき知った

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました