詩:地球は一つで世界はつながっている

スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

僕は知っている。

北村君がかけっこで1位だったとき、西山君はビリだったこと。
佐川さんが、緑丘高校に合格したとき、藤田さんは落ちたこと。

僕は知っている。
誰かの幸福は誰かの不幸だということ。

私は知っている。
父さんが買った新しいスマートフォンの電池は、アフリカのコンゴ共和国でコバルトを採掘する小さな命の犠牲で成り立っていること。
海に流したプラスチックごみは、わたしが食べた魚の肉となってわたしに返ってくること。

私は知っている。
涼しい顔して環境問題を叫ぶ先進国の人たちが、一番地球に二酸化炭素をまき散らしていること。
豊かな国が、地球を、世界の貧しいと呼ばれる国の人たちを苦しめていること。

みんな知っている。
地球は一つで世界はつながっていること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました