児童書のおすすめ本58選

殺人犯は悪い顔をしているのか?

殺人犯は悪い顔をしているのか?

以前からわたしはニュース記事の顔写真が気になっていた。

例えば凶悪な事件が発生した際、捕まった犯人の顔写真が名前とともに新聞やニュース記事に掲載される。
悪いことをした犯人の顔写真は、無表情だったり悪そうに見える写真が圧倒的に多いのだ。
時々この写真しか無かったのかなあ、と思えるひどい写真にも出くわす。

どの写真を掲載するかは、当然その写真の選者がいるわけで、誰かの主観が入った写真になっていないだろうか?
凶悪な殺人事件を犯した人の顔写真がすごく優しくてニッコリと笑っている顔写真だったらどうだろうか、と考えたことがある。殺人犯だって常日頃悪そうな顔をしているわけではないと思う。ありえない話ではないはずだ。
あるいは、人助けをした人が表彰されニュース記事になったとして、掲載された顔写真を見たら凶悪な顔だったとしたら。
人助けをするような人だからといって、優しい顔つきである必要もない。

人は見た目で判断する

ということを大手を振って実践しているのがマスコミであり、それを自然に受け入れいているわたしたち自身でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA