児童書のおすすめ本60選

止まった時計

午後2時49分53秒を指したまま動かない時計がある。
これは東日本大震災のとき、我が家の部屋に掛けてあった時計である。

時計自体は壊れていない。電池を入れるとまた動き出す。
だが、電池を入れてまた使う気にはなれない。
あの時の大地震を忘れないようにするため、そのままにしてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA