本物よりも美しい

スポンサーリンク

本物よりも美しいものが世の中にはいくつかあって、その一つが写真によってもたらされる景色だということに気づいた。

2013-12-14 at 11.33.58
【写真/2013年12月14日 ビルに映った青空】

フィルムカメラでは、現像するときに補正ができる。同じようにデジタルカメラでも写真を撮ったときに補正を行っている。最近のカメラは実際の見た目よりも鮮やかに写る。

わたしはよく空を写真に撮る。
こんなに空が青かったっけなあ、と思うことが多い。きれいな色の空が撮影できるので、あたかも自分の写真の腕がいいような錯覚をしてしまいがちだが、カメラの腕がいいだけだ。
こうして偽りの美しい写真が量産されていく。

ただしかし、と思うのは普段自分の目で見ている景色も自分なりのフィルターを通して見ているので、好きな人のことは美しく見えたりするに違いない、ということだ。
だから、カメラによってもたらされている美しい景色もあながち本物より美しくないとは言い切れないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました