本は読もう

スポンサーリンク
そういう気持ち

書店で少しでも気になるとすぐに本を購入してしまうが、それらを全て読んでいるわけでもない。
購入した何年後かに読んだ本に対して、たまたま感動したりすると、きっとあの時は読むタイミングじゃなかったんだ、と理由をつけて積み重なった本をやり過ごす。然るに本は読む以前より輝いて見える。しかし、購入した何年後かに読んだ本が、非常につまらなかった場合はやり切れない。その本は、ただ場所をとっているだけの置物と化してしまうからだ。本は読まないと価値が分からない。いずれにしても本は読もう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました