本の感想:Yの悲劇/エラリー・クイーン

スポンサーリンク
面白かった本(小説)

Yの悲劇
エラリー・クイーン(著)

本格ミステリー小説で有名な本。

現実には無理でしょ、といった設定がほぼ無いミステリー小説だと思う。
最後に名探偵が種明かしをして解決する、と素直にいかないのが『Yの悲劇』の名作たるゆえんかもしれない。
最後の一行、読者に「想像力」という素晴らしい贈り物を与えてくれる。

行方不明の富豪家の死から始まる。
富豪一族、毒物死、密室…
これだけ見ると横溝正史の金田一耕助シリーズみたいなおどろおどろしい感じがするが、舞台はニューヨーク。そこまで暗いイメージはない。

登場人物が多く名前もジルとかコンラッドなどなど英語名なので登場人物一覧を何度か見返してしまった。もっとも悲劇シリーズ第一作の『Xの悲劇』を読んでいればおなじみのサム警部、ブルーノ検事、名探偵ドルリー・レーン、レーンの助手クエーシーなど知っている面々が登場するため、すんなりと物語に入り込めるかもしれない。

読み終えた後、物語には書かれていないレーンの「あの時の行動」にあれこれ想像を巡らせてしまった。味わい深い小説だ。

『Yの悲劇』の前後に『Xの悲劇』『Zの悲劇』というタイトルの小説があることをわたしは最近知った。
『レーン最後の事件』と合わせて名探偵ドルリー・レーン4部作(Amazonで見る)と言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました