本のしおり紐が短い

スポンサーリンク
そういう気持ち

これは図書館で借りた本でよくあることだが、単行本などについているしおりとして使う紐スピンというらしい)が短くなっていることがある。

本についている、しおりになる紐に名前があったら教えて下さい。あれが付いてるか否かで、私の中では本 - 本についている、しおりになる紐に... - Yahoo!知恵袋
本についている、しおりになる紐に名前があったら教えて下さい。あれが付いてるか否かで、私の中では本 本についている、しおりになる紐に名前があったら教えて下さい。あれが付いてるか否かで、私の中では本の評価にもつながります。やっぱり、製本の段階でつけるとコストが高くつくのでしょうね。 「スピン」と言うようです。印刷や製本は機...

図書館で人気のある本だったりすると多くの人が借りるため、しおり紐が使い古されて短くなってしまうようなのだ。
わたしはこの短くなった本のしおり紐が嫌いだ。

紐の先の繊維がふさふさした状態だけなら問題ないが、本のページの高さぎりぎりの長さになった短い紐は、挟むときにいらいらする。下手をすると紐が本の内部に入ってしまい見えなくなってしまう。
結局は、紙のしおりを挟むことになる。

わたし自身不可解なことがある。
どう見てもしおりとして使えない短いしおり紐を必ず一度は使ってしまうのだ。
短いしおり紐ほど、しおりとして使えるか挑戦してみたくなるから不思議だ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました