児童書のおすすめ本59選

大量のファイルをffftpで転送するとエラーが発生

大量のファイルをffftpで転送するとエラーが発生するときの対処法

ワードプレスをテスト的に運営している。テストが完了したら、別のフォルダに移動して本稼働させたい。
本稼働前の予行演習で、ワードプレスのバックアップを別フォルダに転送しようとffftpを使いアップロードしたら途中で必ずエラーになってしまう。エラー後は、サーバに再接続しないと何をしてもエラーになってしまう。

以下は対処法。

まずは自分の使っているサーバ側でSSH接続が出来るかを確認する。(不可能であれば、以下の方法は使えない)
SSH接続可能であれば、サーバ側の設定を事前に済ませておく。
わたしが使っているXREAサーバは、設定でSSH接続ができるようになっていたので、サーバ側の設定をした。(設定後すぐには反映されないらしいので、わたしは翌日SSH接続を試した。通常は5分から10分くらいで反映する)

1.ffftpでサーバにログインし、アップロードしたいファイルを保存するためのフォルダを作成。
 例えば、ワードプレスならワードプレスを展開したいフォルダを作成する。

2.1で作成したフォルダに、アップロードしたいファイルをzip圧縮してアップロードする。
 例えば、wordpress.zipというようなファイルをアップロード。
 わたしは20MBほどのzipファイルをアップロードしたが問題なくできた。
 ファイル数が大量になるとアップロードが出来なくなるらしいのだ。

3.WindowsならTeraTermなどのSSH接続ソフトでサーバにログインする。
 cdコマンドで1で作成したフォルダに移動。

4.2でアップロードしたzipファイルを解凍する。
 unzip wordpress.zipなどとすれば一気に解凍される。

これで、大量のファイルを快適にアップロードできた。

ffftpでも、一度に大量のファイルをアップロードせず、少しずつファイルをアップロードすればうまくいく。
しかし、ワードプレスなどはフォルダ階層も多く、少しずつアップロードするのは面倒だ。
大量のファイルを一度にアップロードするには、<アップロードしたいファイルをzip圧縮して、SSHを使って解凍すればよい>という方法に行き着いた。
SSHというのはIT用語辞典によると(Secure SHell)の略で、主にUNIXコンピュータのサーバに遠隔地からログインしたり、コマンド操作したりするためのプログラムのことだ。同じ遠隔操作にtelnetというプログラムがあるが、こちらは通信が暗号化されない。SSH接続を使うとサーバに遠隔操作できるだけでなく、暗号化通信もされる優れものだ。
SSH接続に使用したソフト「TeraTerm」は、サーバの遠隔操作を目の前のパソコンで行っているように出来て快適だ。UNIXコマンドに詳しい人はかなり重宝すると思う。

SSHとTeraTerm。まだまだ知らないことは多いなあ、と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA