児童書のおすすめ本60選

三菱UFJ:ふだんと違う環境からアクセスして取引しようとするとワンタイムパスワードがメールで送られてくる

ロゴPC君

結論

三菱UFJダイレクトはセキュリティが厳しく、ふだんと違う環境からアクセスして取引しようとすると本人確認のため、ワンタイムパスワードがメールで送られてくるようになる。(パソコンの場合)
ある意味スマホのアプリを使うように促されているような気もする。

振り込みをしようと三菱UFJダイレクトにログインし、いつも通り振り込み金額を入力してワンタイムパスワードを入力しようとするといつもとは異なる画面が表示された。

ご登録のメールアドレス宛にワンタイムパスワードを送信しました。

いつから仕様が変わったのかと思ってメールチェックしたが、なかなか届かない。ん?もしかしてフィッシングサイト?かと思ったのだが、URLはちゃんとした公式サイトである。

しょうがなくメールチェックしたのだが、送られてくるはずのワンタイムパスワードがなかなか届かない。しびれを切らして取引中止ボタンを押したのがいけなかった。

再度ログインしようとすると「取引エラー」となってしまい、お客様のアカウントは現在利用できない状態です...などとメッセージが。

しかたなくコールセンターに電話。

三菱UFJ インターネットバンキングヘルプデスク

<9:00~21:00>
0120-543-555 または 042-311-7000(通話料有料)
<21:00~9:00>
0120-543-887 または 050-3786-3118(通話料有料)

わたしが電話した時間帯は夜9時をまわっていたので、朝9時以降でないと担当者が不在とのことで折り返しの電話を待つことになってしまった。

ログインできなくなってから、ワンタイムパスワードのメールが届いた。

普段と異なる環境からアクセスと判定された場合など、ご本人からのアクセスであることを確認するために本メールをお送りしています。

原因として考えられるのはちょうど前日に自宅のネット契約を変更していた為、通信機器が替わり発信元のIPアドレスが変わった点。他にも最近購入したパソコンでアクセスしたというのもあるかもしれない。

とにかくこちらの情報はかなり吸い出されていることは確かだ。しかし自分自身を証明することが難しい時代になった。

追記

翌日三菱UFJ銀行から担当者からの電話があり、復旧した。
ただし、復旧後に最初のログインした際、以下のように表示されログイン用のワンタイムパスワードがメール送信された。

振込などの取引も初回のみメールによるワンタイムパスワードであった。(かなりセキュリティ厳重なようです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA