マスタング個人輸入レビュー4

スポンサーリンク
マスタング個人輸入レビュー4 マスタング
私はマスタングを出来るだけ安く手に入れたかったので、アメリカの中古車サイトで欲しい車をチェックし、実際にアメリカまで足を運んで購入してきました。
この記事はその当時の再現記事です。

2.アメリカの中古車ページで欲しい車を検索

外車が半額!
外車を100万円安く買う本に胸躍った私は、これは自慢できる!とすぐに思い込み、アメリカの中古車サイトを検索しました。私が参考にしたのはアメリカでの生活情報がのっていたとあるブログです。(すいません!サイトURL忘れました)

そのブログにはアメリカ本国の中古車を検索できるサイトが2つ紹介されていました。

  • edmunds(新車と中古車のレビューサイト-コチラ
  • Yahoo!AUTOS(米Yahoo!が運営2019年現在は、Autoblogに名称変更コチラ

でした。

わたしはこれらのサイトを連日鬼のように閲覧しました。
私が購入したお店を決めたのもこれらの検索結果からでした。(注:以下参照)

Yahoo!AUTOSがAutoblogに変更になってからは情報を詳しく見ようとすると403 Forbiddenのエラーが表示され海外から(日本からの)アクセスが拒否されます。
IPアドレスを偽装する機能拡張など使えば403 Forbiddenエラーは出なくなりますが、検索結果の車の詳しい情報は、見ることが出来ませんでした。(詳しい情報に関しては現在は有料っぽいです。もちろん簡易的な検索結果だけは閲覧できます)
そういう訳で現在はedmundsの方が情報が見やすくおススメです。販売しているディーラーへのリンクや時間帯によってはチャットで質問することが出来たりします。(もちろん英語ですが...)

edmundsやAutoblogで、FordとMustangを中古車欄に入力すればあっという間にアメリカ全土のマスタングが検索できます。

edmunds

マスタング個人輸入レビュー4

Autoblog

マスタング個人輸入レビュー4

アメ車に関してはさすが本国。グレードやカラーも日本のサイトで検索するよりずっと多く、見てるだけでも一生楽しめそうです。
私はマスタングV6のマニュアル車が欲しかったので、現在のクールな形のマスタングになった2005年以降(2005年以前の何年間かは、個人的にすきになれないセダン風)のマニュアル車で検索をしました。
「マニュアル」と日本語で検索できるわけではないので、検索オプションから「Manual」と選ぶことになります。

ディーラーによっては外装内装ともにかなりの枚数の写真を撮ってくれているので見ているうちにどんな感じの車かが分かってきました。(実は私は買うまでに実車をまともに見たことが無かったのです!アホですね!)

みなさんは何か決める時、迷うほうですか?
私はほとんど物事に迷いません。どちらかと言うと現実的に考える方です。
マスタング購入を検討した時はこんな感じ...

マスタングのGTやシェルビーはカッコいいが燃費や価格が高い
そもそも車に200万円を超える金額を投じたくない。

「V6の4リットル」で「色も派手なヤツ」にして価格の割りにアメ車を満喫できる車がいい。

ドアのサイドに大きく「MUSTANG」と書いてあるのはダサい気がするのでやめておこう!

とまあ、こんな具合に考えていました。

サイトの検索結果を見ながらだんだんと現実的なイメージが湧いてきました。
なんでもそうなんですが、想像している時が一番楽しいですよね!

アメ車好きなら、いや外車好きなら(ポルシェやフォルクス・ワーゲン、ベンツ等も十分ある!)ホントこのサイト、楽しめますよ。

マスタング個人輸入レビュー4

しかし閲覧だけでは満足出来ない!マスタングを手にいれたいんだ!という方は、ぜひその先に進んでみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました