ひそかにあなたの夢を募集しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんな夢をみた...で始まる夏目漱石の『夢十夜』のような話がメールで届いた。
妹からだ。
「第一夜」として作ったので、「第二夜」以降は、ひそかにあなたの夢を募集しています。
クリックで「第一夜」を読む
2013-03-27 at 22.25.23

夢の送り先は以下をクリック
2013-03-27 at 22.25.29
万物は幻化なり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    たまに夢を見ている時に―
    「あっ、これは夢だな」
    と分かる時があります。
    "明晰夢”っていうのかな。
    その時は本当に不思議な感覚で、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような錯覚すら憶えます。
    子供の頃には"予知夢"というのも見たことがあります。
    その夢で見た光景を実際に何年、何十年後に見ることになるのです。 ←実体験
    今はさすがに見ませんが、子供の頃はたまに見てました。
    ちなみに、霊感とかそういうのはまったくありません。

  2. mrgarita より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    赤鈴さんの『予知夢』というのは面白そうですね。
    見た夢を何十年後かに憶えている赤鈴さんも凄いんじゃないでしょうか。
    わたしは未だ『予知夢』を見たことがありません。
    憶えている事と言えば、昔見たアニメの主題歌の2番とかです。
    mrgarita

  3. 大野地央 より:

    僕もこのあいだ家で宿題をしているとき武田さんの声が聞こえたと思って外に出たら誰もいなかったのですが、宿題が終わった直後に武田さんが本当にタッパーを届けに来たという出来事がありました。

    1. mrgarita より:

      それは妖怪かもしれませんね。
      声だけの妖怪セイレンですよ。きっと。

      mrgarita

コメントを残す