そういうことも、あるもんだ

スポンサーリンク

いつも行く「かつら図書館」で不思議な体験をした。
たまたま手に取った本を、パラパラとめくっていた。
すると、自分が昔使っていたしおりに出くわしたのだ。
おまけにその本の最後には、貸出票もはさんであった。
たぶん、それも自分がその当時借りたときの貸出票である。
いつ借りたのかも分かってしまった。
こういうことも、あるもんだ。
自分がその時借りてから、誰もその本を借りなかったのか?
それとも借りた人も律儀に「しおり」をそのままにしておいたのか?
さてはて!?
全くわかりませんが、不思議な気持ちになったのはたしか。
私は、またその本を最初から読むことにして、借りずに「しおり」をはさんで図書館をあとにした。
つぎ図書館に行ったときは、またその続きから、読むことにしよう。
「一日、一生」という言葉が、その本には書いてあった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました