ある日の「世界史」試験への解答

スポンサーリンク
なお奈
「現代」について、400字程度で要約しなさい。

必須キーワード

世界標準    NAFTA   原理主義    アフリカの年  ロシア革命   冷戦

20世紀的現代の開始は民族によって違いがある。例えば、日本は第二次世界大戦の敗北後、韓国は日本からの独立後、アフリカ諸国はそれぞれの国の独立後からである。アフリカ諸国は、1950年代に次々と独立していったため、1960年は国連アフリカの年と言われている。これらは特殊な例で、他の国々は第一次世界大戦とロシア革命後から開始となる。ロシア革命で、資本主義を否定する社会主義経済国が出現し、世界が資本主義側のアメリカと社会主義側のソ連に分かれた冷戦が始まった。その後、冷戦はアメリカ側の勝利で終わり、21世紀的現代の開始である東欧ソ連革命がおこり、社会主義は滅亡した。現在でも社会主義国はあるが、経済は資本主義を採用している国が多い。資本主義経済の一元化により、世界標準を定めるグローバル化が進み、EUやNAFTAなどの市場統合も進んだ。グローバル化によって伝統的なやり方の排除や系列生産が解体された。それに伴い、経典の世界に回帰しようとする宗教原理主義など、反グローバル化の勢力も出現した。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました