「そういうものか」

スポンサーリンク
アイキャッチ未登録画像 そういう気持ち

つい最近息子から聞いた話だ。
1年に1回あるかどうかなのだが、脳がブチっと切れた感じになることがあるらしい。

なんか突然、脳がブチっとなった感じになって「うわっ!やばい」っていう感じになるんだけど、別に痛いわけじゃなくて。でもブチっとなったときは痛いような感覚に襲われるんだけどやっぱり痛くはないんだよ。
忘れたころに起きるから毎回焦るわ。

との事だった。

これは息子が小学校高学年から高校にあがる前くらいまでの期間、1年に1回か2回ほどあったらしい。
ブチっとなるときは何の前触れもなく起きる。特に激しい運動をしている時とか、そういった訳でもないらしい。

しかも息子は最近になってようやく周囲の人は自分と同じように脳がブチっとはならないことに気がついた。それまでは他の人にもある事だと思っていたらしい。

わたしは息子の話を興味深く聞くと同時にある事を思い出した。
わたしが小学校3年生くらいの頃だ。
風邪などひいて熱を出したとき、ふとんに寝て天井を見上げていると天井の模様がしだいに顔になって「うわーーん。うわーーん」と声をだしながら自分に近づいたり遠ざかったりしたことがあった。

天井の顔はめったに見えるわけでは無かった。だから、その事を家族や友達に話す事も無かった。
自分の中で勝手に解釈していたのだ。そういうものかと。

脳がブチっとなる感じ(しかも痛くもない)をわたしは経験した事が無い。
わたしや息子が経験したような自分の中で勝手に「そういうものか」と解釈しているようなものを他の多くの人たちも抱えているのだとしたら興味深い。
そんな話をもっと聞いてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました