短歌

スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

短歌:夕やけ

夕やけを 心に収め帰宅する 妻がはしゃいで ねえ見た?と言ふ
長崎瞬哉(詩人)

短歌:令和2年

入学の式に父母の姿なし ウイルスの姿いまだ掴(つか)めず 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

短歌:先進国

対岸の火事と思へば安心し 目の前に来て手遅れと知る 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

短歌:声

童らの声 絶えて久しく なりぬれど 雲雀(ひばり)世に問ふ 歌は響かん 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

短歌:負けるが勝ち

ことわざに負けるが勝ちとあるけれど たまには負けずに勝ってみたいよ 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

暴風に耐える草木を見た夜は

目をとじて聞け 天の歌声 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

短歌:雨

平成に 終わりを告げし 天皇の 自らの意思 国に降りゆく 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

短歌:お家へ帰ろう

残業を しても給料 変わらない だったら帰ろう 家庭円満 長崎瞬哉
ゆこ

短歌:はんぶんこ

はんぶんこ 三人いるから さんぶんこ どれが大きい? どれが小さい? ゆこ
長崎瞬哉(詩人)

短歌:お掃除

心にも ほこりが溜まる こともある
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました