寺山修司

スポンサーリンク
そういう気持ち

さよならだけが人生

人はいつか死ぬ。 その際、自分が死んでも世界は続いていく、と考えるのが妥当だろう。 でもこれを別の角度から考えて、自分だけが残って世界の方が消えてしまうとしたらどうだろう。 まあ、どちらにしても目の前の景色や人たちと自分自身が別れ...
言葉

2019年1月の本のメモ

 なにが老人の日なものかとボクは思った。現代はまさに実権を掌中におさめた横暴の「老人の時代」じゃないか。  五十五歳で会社を定年退職。あとはさびしい孤独な老人!(お望みとあらば、養老院じゃ受け入れてくれることになっている!)というのは、見...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました