人間一覧

何気ない日もあり難い

「今日という日は二度とない」と言った人がいた。 確かに今日と同じ日は二度と来ない。

記事を読む

NO IMAGE

俳句:何者

記事を読む

NO IMAGE

2015年1月のメモ

「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目となる」 ワイツゼッカー/故ドイツ首相

記事を読む

NO IMAGE

という視点

人は自分の目で自分自身を見ることができない。 人間の目が、自分のちょっと上にあって、自分自身を見下ろすような視点で世界を見ていたら、と考えたことがある。

記事を読む

NO IMAGE

「種」というプログラム

スーパーで買ったニュージーランド産のカボチャの種を土に埋めたら、みるみる大きくなった。花も咲き、実もつけているようだ。「種」というプログラムは素晴らしい。

記事を読む

本の感想:屋根裏の散歩者/江戸川乱歩

乱歩は変態の心の内を描かせたらピカイチである。 タイトル作「屋根裏の散歩者」が収録された文庫本は多数存在している。 わたしの持っているのは、角川ホラー文庫平成6年改訂初版。 収録作品は、「屋根裏の散歩者」「人間豹」「押絵と旅する男」「恐ろしき錯誤」の4編。良作ばかりである。

記事を読む

NO IMAGE

現代病と生存率

元消防団員のT氏に聞いた話になるほどと思った。 アトピー性皮膚炎の人が、世の中には多いねえ、という話をすると、T氏はこう答えた。 「思うのだけど、老人で花粉症がほとんどいないのは、

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:快挙/白石一文

夫婦を題材にして、人間にとって何が「快挙」か?を問う小説。 「持ちつ、持たれつ」という夫婦を表す言葉があるが、本書からすれば、支えているようで支えられているのが夫婦というものかもしれない、と気づかされる。

記事を読む

NO IMAGE

誰かと誰かの掛け合わせ

わたしの好きな柑橘系の話をラジオ番組でしていた。 「清見」(きよみ)というオレンジに似た柑橘系は「温州みかん」と「オレンジ」の掛け合わせ。 外観が凸の形の「デコポン」は「清見」と「ポンカン」の掛け合わせ。

記事を読む

NO IMAGE

パソコンは道具である

仕事柄「パソコン」について教えることが多い。 わたしは学生に<strong>「パソコンは道具である」</strong>というしごく当たり前の話を、よくする。 ねじ回しのドライバー、木を切るのこぎり、料理に使う包丁のようにパソコンも道具として考えてください、という話をする。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク