jQueryMobile:動的要素にCSSが適用されない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

jQueryMobileで動的に挿入した要素(例えばフォームのセレクトメニューなどをページ表示後に新たに書き換えた場合など)のCSSが適用されない場合の対処法。

結論から言うと、


	$("#textbox").html(str).trigger("create");

などの形で、.trigger(“create”)メソッドを発効させる必要がある。

わたしが作成しようとしたのは、「セレクトメニューを変更すると選択した数に応じてページ上のテキストボックスの数も変化する」というもの。
こんなイメージ。

サンプルをダウンロード

jQueryMobileでのhtmlメソッドで

	// 要素数セレクタを生成
	var str = "";
	for(var i=1; i<=100; i++){
		if(i == n){
			str += "<option value='" + i + "' selected>" + i + "</option>";
			continue;
		}
		str += "<option value='" + i + "'>" + i + "</option>";
	}
	$("#numberOfTextbox").html(str);

などとすると設定したIDのタグ(この場合は、#numberOfTextbox)のHTML部分が書き換わる。
この記述は、最初にページが表示された直後は問題ないが、ページ表示後に何かのタイミングで.html()メソッドのみを使ってページを書き換えようとするとCSSがjQueryMobileのものではなく普通の表示になってしまう。
.html()メソッドの後に続けて.trigger(“create”)メソッドを記述してあげるとjQueryMobileのCSSがきちんと適用される。

このサンプルでわたしは同じタグの要素に順番にアクセスできるeqメソッドの使い方も学んだ。
例えばliタグのインデックス番号3番目の値を取得するなら、


	var hoge = $("li").eq(3).val();

のように使う。(インデックス番号は0から開始)

サンプル中でも、

// .textboxクラスを持つタグの要素数を取得
var len = $(".textbox").size();
// 文字列要素を数値型に変換
var n = new Array();
for(var i=0; i<len; i++){
	n[i] = Number($(".textbox").eq(i).val());		// eqで要素インデックスにアクセスし、valメソッドで値を取得
}

のように使っている。(この場合、textboxという名前のクラスをつけた要素にアクセスしている)
なお、size()メソッドで要素数の取得もできる。

valメソッドは、値の設定もできる。

// テキストボックスの値を書き換え
for(var i=0; i<len; i++){
	$(".textbox").eq(i).val(n[i]);
}

上記サンプルの全ソースコード
HTML部分

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<!-- for iPhone -->
	<meta name="viewport" content="width=device-width ,initial-scale=1.0 ,maximum-scale=1.0, minimum-scale=1.0, user-scalable=no"/>
	<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes"/>	<!--フルスクリーンモード-->
	<meta name="apple-mobile-web-app-status-bar-style" content="black"/>
	<!-- /for iPhone -->
	<!-- for jQuery -->
	<link rel="stylesheet" href="jquery/css/jquery.mobile-1.3.0.min.css"/>
	<script src="jquery/jquery.js"></script>
	<script src="main.js"></script>
	<script src="jquery/jquery.mobile-1.3.0.min.js"></script>
	<!-- /for jQuery -->
	<title>バブルソート</title>
	<style>
		p{
			font-family: 'メイリオ', Osaka;
		}
		strong{
			font-weight: 900;
			font-size:2em;
		}
	</style>
</head>
<body>
<section id="index" data-role="page" data-title="バブルソート">
	<div data-role="header" data-position="fixed" data-theme="b">
		<h1>バブルソート</h1>
		<a href="#info" class="ui-btn-left" data-transition="fade" data-icon="info" data-iconpos="notext">Info</a>
	</div>
	<div data-role="content" data-theme="c">
		<div data-role="fieldcontain">
			<label for="flip-order">Select order:</label>
			<select name="order" id="flip-order" data-role="slider">
				<option value="asc">昇順</option>
				<option value="desc">降順</option>
			</select>
		</div>
		<div data-role="fieldcontain">
			<label for="numberOfTextbox">要素数:</label>
			<select id="numberOfTextbox" onchange="setTextBox(this.value)">
			</select>
			<button onclick="bubbleSort()">並べ替える</button>
		</div>
		<div id="textbox" data-role='fieldcontain'></div>
	</div>
	<footer data-role="footer" data-position="fixed" data-theme="b">
		Copyright 2014 torisky.com
	</footer>
</section>
<!-- 情報 -->
<section id="info" data-role="page" data-title="Info">
	<header data-role="header" data-position="fixed" data-theme="b">
		<a href="#index" data-transition="fade" data-icon="home" data-iconpos="notext">戻る</a>
		<h1>Info</h1>
	</header>
	<div data-role="content" data-theme="c">
	<h2>バブルソートのアルゴリズム</h2>
	<p>バブルソートのアルゴリズムを以下に示す<br>
	<em>JavaScript</em>での記述
	</p>
	<pre>
※MAXは並べ替える配列の要素数

for(var i=0; i&lt;MAX-1; i++){
	for(var j=i+1; j&lt;MAX; j++){
		if(n[i] &lt; n[j]){	// 降順の場合
			var work = n[i];
			n[i] = n[j];
			n[j] = work;
		}
	}
}
</pre>
	</div>
	<footer data-role="footer" data-theme="b">
		Copyright 2014 torisky.com
	</footer>
</section>
</body>
</html>

JavaScript部分

/* main.js */

// テキストボックスの値を取得してバブルソートする
function bubbleSort(){
	// ソート順を取得(昇順asc/降順desc)
	var order = $("#flip-order").val();
	// .textboxクラスを持つタグの要素数を取得
	var len = $(".textbox").size();
	// 文字列要素を数値型に変換
	var n = new Array();
	for(var i=0; i<len; i++){
		n[i] = Number($(".textbox").eq(i).val());		// eqで要素インデックスにアクセスし、valメソッドで値を取得
	}
	// バブルソート
	for(var i=0; i<len-1; i++){
		for(var j=i+1; j<len; j++){
			var formula = (order == "asc" ? formula = n[i] > n[j] : n[i] < n[j]);
			if(formula){
				var work = n[i];
				n[i] = n[j];
				n[j] = work;
			}
		}
	}
	// テキストボックスの値を書き換え
	for(var i=0; i<len; i++){
		$(".textbox").eq(i).val(n[i]);		// valメソッドは値の設定もできる
	}
}

// テキストボックスを生成する
function setTextBox(n){
	var str = "";
	for(var i=0; i<n; i++){
		num = "box" + i;
		digit = Math.floor(Math.random() * 1000);
		str += "<input type='text' class='textbox' name='" + num +"' value='" + digit + "'>";
	}
	$("#textbox").html(str).trigger("create");	// .trigger("create")
											// 動的に挿入されたフォーム要素の初期化
}

// ページロード時にHTML書き換え
$(function(){
	var n = 5;		// 最初に表示するテキストボックスの数
	setTextBox(n);
	
	// 要素数セレクタを生成
	var str = "";
	for(var i=1; i<=100; i++){
		if(i == n){
			str += "<option value='" + i + "' selected>" + i + "</option>";
			continue;
		}
		str += "<option value='" + i + "'>" + i + "</option>";
	}
	$("#numberOfTextbox").html(str);
	
});

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*