JavaScript:500行のテトリスプログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JavaScriptを使ってテトリスを作った。
ちまたでは、多くのテトリスプログラムが公開されている。
わたしが作ったテトリスは、500行弱のプログラムだ。自分の中でのわかりやすさを重視したらこうなった。頭のいい人が200行でテトリスなどを公開しているが、頭の悪いわたしにはさっぱりわからない。

クリックで別ウインドウ表示(操作:right/left/down/space/retry to enter)
tetris_0_7

ソースファイルを以下に公開する。

HTML部分

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>Tetris v0.7</title>
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen,print" href="style.css">
</head>
<body>
<div id="wrapper">
<canvas id="canvas"></canvas>
</div>
<script src="game.js"></script>
</body>
</html>

CSS部分

/* CSS for Tetris */
*{
	margin: 0;
	padding: 0;
	border: 0;
}
body{
	background-color: #ddd;
}
#wrapper{
	width: 240px;
	margin: 1em auto;
}

JavaScript部分

/*
 * Tetris v0.7
 *	Created by Shuichi Takeda at 2014-07-11
 */

/* ------- 開発履歴
	v0.7		画面中央にゲームを配置。変数名等の見直し。関数の見直し
	v0.6.1.1	ラインが揃ったら消える処理追加(点滅して消えるエフェクト)
			ブロックが消えたら上のブロックから詰める処理追加
	v0.6.1	処理を一から作り直し(余計な部分が多いため。シンプルにした)
	v0.6		スペースキーを押すと、ブロックが回転する(ブロックが壁にめり込んでしまう)
	v0.5		テトリスのブロックがランダムに落ちてきて、積み重なる
*/

/*
 * 定数
 */
// ステージ
var BLOCK_SIZE = 24;		// 1ブロックのサイズ
var BLOCK_RAWS = 22;	// ステージの高さ(20ライン分をステージとして使用し、上下1ラインはあたり判定とブロックコピー用に使用)
var BLOCK_COLS = 12;	// ステージの幅
var SCREEN_WIDTH = BLOCK_SIZE * BLOCK_COLS;	// キャンバスの幅
var SCREEN_HEIGHT = BLOCK_SIZE * BLOCK_RAWS;	// キャンバスの高さ
// ゲームの状態
var GAME = 1;			// ゲーム中
var GAMEOVER = 0;		// ゲームオーバー時
var EFFECT = 2;			// ブロックを消すときのエフェクトモード
// ブロックの状態
var NON_BLOCK = 0;		// ブロックが存在しない
var NORMAL_BLOCK = 1;	// 通常のブロック(動かせる)
var LOCK_BLOCK = 2;		// ロックした(動かせない)ブロック
var CLEAR_BLOCK = 3;	// 消去するブロック(1ライン揃ったとき)
var WALL = 9;			// 壁
// エフェクト
var EFFECT_ANIMATION = 2;	// エフェクト時のちかちかする回数
// 色
var BACK_COLOR = "#ddd";			// 背景色
var GAMEOVER_COLOR = "#fff";			// ゲームオーバー時のブロックの色
var BLOCK_COLOR = "#000";			// 操作ブロックの色
var LOCK_COLOR = "#333";			// ロックしたブロックの色
var WALL_COLOR = "#666";			// 壁の色
var ERROR_COLOR = "#f00";			// エラーブロックの色
var EFFECT_COLOR1 = "#fff";			// エフェクト時の色1
var EFFECT_COLOR2 = "#000";			// エフェクト時の色2
// ゲーム要素
var NEXTLEVEL = 10;					// 次のレベルまでの消去ライン数

/*
 * グローバル変数
 */
var canvas = null;						// キャンバス取得
var g = null;							// コンテキスト取得
var stage = new Array(BLOCK_COLS);	// ゲームのステージ枠(壁の情報のみ、変化しない)
var field = new Array(BLOCK_COLS);		// ゲーム中のステージ枠とブロック表示用(変化する)
var bs;								// ブロックサイズ
var speed;							// 落下速度
var frame;							// ゲームフレーム番号
var block = new Array();				// 落ちてくるブロックの種類(7種類)
var oBlock = new Array();				// 操作中のブロック
var blockType;						// ブロックの種類番号
var x, y;								// ブロックの現在位置
var sx, sy;							// ブロックの元位置
var mode;							// ゲームの状態  GAME/GAMEOVER/EFFECT
var timer1;							// ゲームループ用のタイマー
var FPS;								// 描画書き換え速度
var clearLine;							// 消去したライン数
// エフェクト時(色の反転/エフェクトスピード/エフェクト回数)
var effectState = {flipFlop: 0, speed: 0, count: 0};

/*
 * 初期化
 */
function init(){
	clearTimeout(timer1);
	FPS = 30;
	clearLine = 0;
	// キャンバスの設定
	canvas = document.getElementById("canvas");
	canvas.width = SCREEN_WIDTH;
	canvas.height = SCREEN_HEIGHT;
	g = canvas.getContext("2d");
	// エフェクト設定
	effectState.flipFlop = 0;
	effectState.speed = 4;
	effectState.count = 0;
	// ブロックの設定
	bs = BLOCK_SIZE;
	// ブロックを設定
	block =	 [[	[0, 0, 0, 0],
				[0, 1, 1, 0],
				[0, 1, 1, 0],
				[0, 0, 0, 0]],
				
			[	[0, 1, 0, 0],
				[0, 1, 0, 0],
				[0, 1, 0, 0],
				[0, 1, 0, 0]],

			[	[0, 0, 1, 0],
				[0, 1, 1, 0],
				[0, 1, 0, 0],
				[0, 0, 0, 0]],

			[	[0, 1, 0, 0],
				[0, 1, 1, 0],
				[0, 0, 1, 0],
				[0, 0, 0, 0]],

			[	[0, 0, 0, 0],
				[0, 1, 1, 0],
				[0, 1, 0, 0],
				[0, 1, 0, 0]],

			[	[0, 0, 0, 0],
				[0, 1, 1, 0],
				[0, 0, 1, 0],
				[0, 0, 1, 0]],

			[	[0, 0, 0, 0],
				[0, 1, 0, 0],
				[1, 1, 1, 0],
				[0, 0, 0, 0]]
			];
	// ステージを設定
	stage = [
			[0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0],	// ←表示しない
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 9],
			[9, 9, 9, 9, 9, 9, 9, 9, 9, 9, 9, 9],
			[0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0]];	// ←表示しない
}

/*
 * ステージ設定
 */
function setStage(){
	// 表示するための配列
	for(var i=0; i<BLOCK_RAWS; i++){
		field[i] = [0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0];
	}
	// 操作ブロックための配列
	oBlock = [	[0,0,0,0],
				[0,0,0,0],
				[0,0,0,0],
				[0,0,0,0]
			];
	// ステージデータをコピーする
	for(i=0; i<BLOCK_RAWS; i++){
		for(j=0; j<BLOCK_COLS; j++){
			field[i][j] = stage[i][j];
		}
	}
}

/*
 * ゲーム開始処理
 */
function newGame(){
	setStage();
	mode = GAME;
	frame = 1;
	speed = 30;
	createBlock();
	mainLoop();
}

/*
 * 新しいブロックを作成
 */
function createBlock(){
	if(mode == EFFECT) return;
	x = sx = Math.floor(BLOCK_COLS / 3);
	y = sy = 0;
	blockType = Math.floor(Math.random()*7);
	// ブロックをコピー
	for(i=0; i<4; i++){
		for(j=0; j<4; j++){
			oBlock[i][j] = block[blockType][i][j];
		}
	}
	
	if(hitCheck()){
		mode = GAMEOVER;
		console.log("GAMEOVER!");
	}
	putBlock();
}

/*
 * ブロックをロック(動かせないように)する
 */
function lockBlock(){
	if(mode == EFFECT) return;
	for(var i=0; i<4; i++){
		for(var j=0; j<4; j++){
			if(oBlock[i][j]) field[i+y][j+x] = LOCK_BLOCK;
		}
	}
}

/*
 * ブロックをステージにセットする
 */
function putBlock(){
	if(mode == EFFECT) return;
	for(var i=0; i<4; i++){
		for(var j=0; j<4; j++){
			if(oBlock[i][j])	field[i+y][j+x] = oBlock[i][j];
		}
	}
}

/*
 * ブロックを消去する
 */
function clearBlock(){
	if(mode == EFFECT) return;
	for(var i=0; i<4; i++){
		for(var j=0; j<4; j++){
			if(oBlock[i][j]) field[i+y][j+x] = NON_BLOCK;
		}
	}
}

/*
 * ブロックの回転処理
 */
function rotateBlock(){
	if(mode == EFFECT) return;
	clearBlock();
	// 回転ブロック退避の配列
	var tBlock = [	[0,0,0,0],
				[0,0,0,0],
				[0,0,0,0],
				[0,0,0,0]
			];
	// ブロックを退避
	for(var i=0; i<4; i++){
		for(var j=0; j<4; j++){
			tBlock[i][j] = oBlock[i][j];
		}
	}
	// ブロックを回転
	for(var i=0; i<4; i++){
		for(var j=0; j<4; j++){
			oBlock[i][j] = tBlock[3-j][i];
		}
	}
	if(hitCheck()){
		// 元に戻す
		for(var i=0; i<4; i++){
			for(var j=0; j<4; j++){
				oBlock[i][j] = tBlock[i][j];
			}
		}
	}
	putBlock();
	return 0;
}

/*
 * ブロックの当たり判定処理(移動できるか?落下できるか?)
 */
function hitCheck(){
	if(mode == EFFECT) return;
	for(var i=0; i<4; i++){
		for(var j=0; j<4; j++){
			if(field[i+y][j+x] && oBlock[i][j])		return 1;
		}
	}
	return 0;
}

/*
 * ラインが揃ったかチェックする
 */
function lineCheck(){
	if(mode == EFFECT) return;
	var count;
	var lineCount = 0;			// 何ライン揃ったか?
	for(i=1; i<BLOCK_RAWS-2; i++){
		count = 0;	// 1ライン上に揃ったブロックの数
		for(j=0; j<BLOCK_COLS; j++){		// 右端からチェック
			if(field[i][j]) count++;
			else break;
		}
		if(count >= BLOCK_COLS){		// 1ライン揃った!
			lineCount++;
			clearLine++;
			for(j=1; j<BLOCK_COLS-1; j++) field[i][j] = CLEAR_BLOCK;		// 消去ブロックにする
			console.log("lineCount = " + lineCount);
			console.log("clearLine = " + clearLine);
		}
	}
	return lineCount;		// 消去ライン数を返す(現在、この戻り値は未使用)
}

/*
 * そろったラインを消去する
 */
function deleteLine(){
	if(mode == EFFECT) return;
	for(var i=BLOCK_RAWS-1; i>=1; i--){		// 下のラインから消去する
		for(var j=1; j<BLOCK_COLS-1; j++){	// 右端からチェック
			if(field[i][j] == CLEAR_BLOCK){
				field[i][j] = field[i-1][j];			// 一段落とす
				for(var above=i-1; above>=1; above--){	// 	そこからまた上を一段ずつおとしていく
					field[above][j] = field[above-1][j];
				}
				i++;		// 落としたラインもまた、消去ラインだったときの対処
			}
		}
	}
}

/*
 * ゲーム画面クリア
 */
function clearWindow(){
	g.fillStyle = BACK_COLOR;
	g.fillRect(0, 0, SCREEN_WIDTH, SCREEN_HEIGHT);
};

/*
 * 描画処理
 */
function draw(){
	clearWindow();
	
	for(var i=0; i<BLOCK_RAWS; i++){
		for(var j=0; j<BLOCK_COLS; j++){
			switch(field[i][j]){
				case NON_BLOCK:		// なにもない
					g.fillStyle = BACK_COLOR;
					break;
				case NORMAL_BLOCK:		// ブロック
					g.fillStyle = BLOCK_COLOR;
					break;
				case LOCK_BLOCK:		// ブロック(ロック)
					g.fillStyle = LOCK_COLOR;
					break;
				case CLEAR_BLOCK:		// 消去ブロック
					g.fillStyle = BLOCK_COLOR;
					break;
				case WALL:		// 壁
					g.fillStyle = WALL_COLOR;
					break;
				default:		// 重なったときの色
					g.fillStyle = ERROR_COLOR;
			}
			g.fillRect(j*bs, i*bs, bs-1, bs-1);    // 1引いているのはブロック同士の隙間を入れるため
		}
	}
}

/*
 * ラインを消去するときのエフェクト
 */
function effect(){
	var colors = [ EFFECT_COLOR1, EFFECT_COLOR2 ];
	
	g.fillStyle = colors[effectState.flipFlop];
	for(var i=0; i<BLOCK_RAWS; i++){
		for(var j=0; j<BLOCK_COLS; j++){
			if(field[i][j] == CLEAR_BLOCK){		// 消去ブロックならエフェクト表示
				g.fillRect(j*bs, i*bs, bs-1, bs-1);
			}
		}
	}
	effectState.flipFlop = 1 - effectState.flipFlop;	// エフェクト色を交互に切り替え
	
	if(effectState.count > EFFECT_ANIMATION){
		mode = GAME;
		effectState.count = 0;
		effectState.flipFlop = 0;
		deleteLine();
		createBlock();
	}
	effectState.count++;
}

/*
 * ゲームオーバー処理
 */
function gameOver(){
	for(var i=0; i<BLOCK_RAWS; i++){
		for(var j=0; j<BLOCK_COLS; j++){
			if(field[i][j] && field[i][j] != WALL){	// ブロックのみ色を変える
				g.fillStyle = GAMEOVER_COLOR;
				g.fillRect(j*bs, i*bs, bs-1, bs-1);
			}
		}
	}
}

/*
 * ゲームメイン
 */
function mainLoop(){
	if(mode == GAME){
		sx = x; sy = y;		// 元の位置を保存
		if(frame % speed == 0){	// ブロックが落下する間隔
			clearBlock();
			y++;
			if(hitCheck()){
				y = sy;
				lockBlock();
				if(lineCheck() > 0){
					mode = EFFECT;
				}
				createBlock();
			}
			putBlock();
		}
		draw();
	}
	else if(mode == GAMEOVER){
		gameOver();
	}
	else if(mode == EFFECT){
		if(frame % effectState.speed == 0){
			effect();
		}
	}
	frame++;
	// 落下スピードアップ
	if(clearLine >= NEXTLEVEL){
		clearLine = 0;
		speed--;
		console.log("speedUP! : " + speed);
	}
	if(speed < 1) speed = 1;
	timer1 = setTimeout(mainLoop, 1000/FPS);
}


/*
 * キーボードイベント
 */
window.onkeydown = keyDownFunc;

/*
 * 操作
 */
function keyDownFunc(e){
	if(mode == EFFECT) return;
	if(mode == GAME){
		clearBlock();
		sx = x; sy = y;
		if(e.keyCode == 32){
			rotateBlock();
		}
		else if(e.keyCode == 37){
			x--;
		}
		else if(e.keyCode == 39){
			x++;
		}
		else if(e.keyCode == 40){
			y++;
		}
		if(hitCheck()){
			x = sx; y = sy;
		}
		putBlock();
	}
	else if(mode == GAMEOVER){
		if(e.keyCode == 13){
			newGame();
		}
	}
}

/*
 * 起動処理
 */
window.onload = function(){
	init();
	newGame();
}

わたしの夢は、テトリスを越えるプログラムを作って世界中の人に遊んでもらうことだ。まずは、テトリスへの尊敬の念をこめて作った。色々な人が作ったテトリスのプログラムを見たが、正直なところどれもさっぱり分からなかった。自分で作ってみるしかないのだと思い、何年もかかってやっと作ったテトリスがこれだ。

多くのプログラムでは、テトリスのブロック(テトリミノと言うらしい)が消えるときのエフェクトを省略していた。(ブロックが揃うと間髪をいれずに消える感じ)わたしは、このブロックが消える際の、「ここが消えますよー」というチカチカと点滅するエフェクトは個人的に大好きな部分なので、絶対に必要だと感じ実装した。
プログラミング中は、ロシア民謡トロイカ(でしたっけ?)の音楽がずっと頭の中に鳴り響いていた。
テトリスは、素晴らしいゲームです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す